藤原 崇

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 東北ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 38歳
誕生日 1983/08/02 00:00
SNS

政治家以前の経歴

岩手県和賀郡西和賀町出身。静岡大学人文学部卒業。明治学院大学法科大学院修了

  • 教育無償化

    子育て世代、そして少子化担当の内閣府大臣政務官として、幼児教育無償化に加え、保育士の処遇向上を通じた保育の質の向上や、育児休業制度の拡充などに取り組んできました。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    教育 (6)
  • 奨学金制度の拡充

    給付型奨学金の拡充により、誰もが安心して学べる環境の構築に努めます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    教育 (6)
  • 年金政策

    年金・医療・介護体制を更に拡充をすることで、最期まで安心して自宅で生活が出来る地域の構築に繋げます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    子育て世代、そして少子化担当の内閣府大臣政務官として、幼児教育無償化に加え、保育士の処遇向上を通じた保育の質の向上や、育児休業制度の拡充などに取り組んできました。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 震災復興政策

    東日本大震災被災者に対する法律支援を無償で実施する『震災特例法』や、阪神淡路大震災被災者に対する災害援護資金の貸付金を免除する『災害弔慰金法』などに取り組みました。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    震災復興 (1)
  • 雇用対策

    産休・育休の拡充と同時に、雇用企業への支援を行うことで、産み育てやすい社会を目指します。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

  • 高齢化対策

    自動運転技術の進展により、運転免許証を返納したとしても、不便のない暮らしを実現します。年金・医療・介護体制を更に拡充をすることで、最期まで安心して自宅で生活が出来る地域の構築に繋げます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 教育政策

    国の立場から、地域の小規模校の存続を応援し、地域の子どもたちを応援します。生まれで可能性が閉ざされないよう、ICT技術の活用などにより、教育格差の解消に取り組みます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    教育 (6)
  • 子育て支援

    多子加算により、子ども手当を拡充することで、子育ての経済的負担を緩和します。産休・育休の拡充と同時に、雇用企業への支援を行うことで、産み育てやすい社会を目指します。子育て支援センターの更なる整備拡充により、地域全体で子育てを行っていく環境を整備します。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 農林水産業支援

    基盤整備と農業のスマート化を促進し、平場においては、更なる大規模化を押し進めます。中山間地域においては、人が残るための地域政策として、農業の保護に取り組みます。広大な県土を大きく利用し、稲作以外の多様な高収益作物の普及に取り組みます。岩手県の基幹産業である農業の振興に取り組んできました。大型機械格納や肥育牛飼育用のビニールハウス建設に関する建築基準法の緩和や、平成26年産米の米価下落の際の緊急支援対策などで成果を出しています。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    農林水産 (2)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 憲法改正

    憲法改正に対して「賛成」と回答(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 財政出動

    「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらかと言えば将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 消費税増税

    「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「どちらかと言えば反対」と回答(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ 結婚前の名字を称することを、法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    "自身の公式サイトで「中小企業の人手不足に対応するため、新たな外国人在留資格の特定技能制度が創設されました。自民党法務部会副部会長、そして衆議院法務委員会理事として、この法案の成立に取り組みました。」と明言 「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)"

    雇用 (1)
  • 非核三原則

    「非核三原則を堅持すべきだ」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

就任 退任
自由民主党岩手県第四選挙区支部長 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

なし