穂坂 泰

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 埼玉県 4区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 47歳
誕生日 1974/02/17 00:00
SNS

政治家以前の経歴

  • LGBT支援

    LGBT、経済面で日々の生活に困ってる方々、障がいを抱えている方々も当たり前に活躍していける社会を創っていきます。そのために、社会的に少数の皆様の声も丁寧に聞き、常に現場目線で、生きる幸せを感じられる日本、多種多様な方々が互いに支え合う地域社会づくりに全力を尽くします。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    マイノリティ (4)
  • エネルギーの安定供給

    循環型社会の実現と生物多様性保全は先進国にとっての義務であると同時に、長期的な視点に立った場合、国益に資するものとなり得ます。省エネや再生可能エネルギーの分野で先行し、高いレベルの経済生産性を達成することで国の地力が増し、重要な外交戦略のひとつとしていきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    エネルギー (3)
  • 女性活躍の推進

    あらゆる分野で女性の皆さんが活躍できる社会づくりへ向けて、働き方改革を進めると同時に、男性の暮らし方・意識の変革も進めていく必要があります。女性が制度的に不利益を被らないような社会へ向けて制度設計してまいります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    女性 (3)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    当たり前に子育てできる社会へ向けて。働く母親が今後一層増えていく中で、待機児童の解消のための受け皿整備を充足させ、地域全体で子育てがしやすい環境を充実させ、子ども産み育てたくなる社会を実現していきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 中国との良好な関係

    世界の国々から、自立した主権国家であることを認識されるよう、我が国周辺を含むアジア太平洋地域の平和のために貢献していくことが求められています。北朝鮮のミサイル発射や、中国の海洋進出をどのように牽制していくか問われています。国民の生命と財産と日本の領土そして主権を守っていきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

  • 少子化対策

    人生100年時代に向けて、高齢者の健康寿命を延ばし、社会での活躍の場を大いに広げていくとともに、子どもを産み、育てることが歓迎される社会制度の構築が必要です。同じ日本でも多様な地域的課題がある中で、地域が主体となった地域包括ケアシステムの充実に、国政の立場から支援していきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 高齢化対策

    人生100年時代に向けて、高齢者の健康寿命を延ばし、社会での活躍の場を大いに広げていくとともに、子どもを産み、育てることが歓迎される社会制度の構築が必要です。同じ日本でも多様な地域的課題がある中で、地域が主体となった地域包括ケアシステムの充実に、国政の立場から支援していきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 教育政策

    将来の社会の担い手が、多様化する社会に適応し、活躍するために、学力向上はもとより、豊かな人間性と創造性を育む教育環境をつくっていきます。世界レベルの学力に向けICT環境の推進と、子供達の命を守る学校の強靭化に取り組みます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

    教育 (6)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ 結婚前の名字を称することを、法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 非核三原則

    「非核三原則を堅持すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 憲法改正

    憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として戦争放棄と自衛隊・憲法改正の手続・緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 憲法9条の改正

    憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として戦争放棄と自衛隊・憲法改正の手続・緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 教育無償化

    「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    教育 (6)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらかと言えば将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 消費税増税

    「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)
  • 財政出動

    「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

国会での役職

なし