茂木 敏充

茂木 敏充

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 栃木県 5区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 65歳
誕生日 1955/10/07 00:00
SNS

政治家以前の経歴

栃木県足利市出身。東京大学経済学部卒業。米国ハーバード大学大学院修了。78年丸紅入社。83年より政治部記者として読売新聞社に勤務。 平成維新の会事務局長に就任。93年、衆院選旧栃木2区にて初当選。外務副大臣、国務大臣(沖縄・北方、科学技術、IT担当)、金融・行改担当大臣、経済産業大臣などを歴任。自民党選挙対策委員長を務める。

賛成する政策

  • 日米同盟の維持・強化

    日米同盟及び自衛隊の増強。米国や国際社会と連携し、北朝鮮に対する国連安保理での厳格な制裁措置(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    外交 (6)
  • 拉致問題の解決

    拉致問題の完全解決に全力

    外交 (6)
  • 成長戦略の実行

    大企業の過去最大の収益を更なる賃上げ、投資へと向かわせるため、予算や税制など大胆な政策ツールを用意。法人税の大胆な引き下げ(20%台)と、業界再編促進、インセンティブ税制(研究開発、設備投資、人材育成)の導入(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    景気・経済 (8)

賛成する政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政策

  • TPPの推進

    「聖域なき関税撤廃」を前提にする TPP 交渉参加反対(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    農林水産 (2)

中立的な政策

  • 生活保護の拡充

    「手当より仕事」を基本にした就労促進、現物給付の拡大、医療扶助の適正化など生活保護の抜本的見直し(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 選択的夫婦別姓

    2014年の朝日新聞・東京大学谷口研究室による共同調査では「どちらともいえない」と回答している

    男女平等参画 (1)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

就任 退任
自由民主党選挙対策委員長 調査中-
自民党栃木県連会長 調査中-

内閣での役職

就任 退任
外務大臣 調査中-

国会での役職

なし