伊藤 俊輔

無所属・衆議院

政党名 無所属
議会 衆議院
選挙区 東京ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 43歳
誕生日 1979/08/05 00:00
SNS

📗 経歴

  • 原発ゼロ

    原発に依存しない日本。政府は2030年原発30基稼働。時代感覚を失っている。原発は高コストで最終処分地もない。脱炭素化。新しい産業で次世代に繋ぐ。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらかと言えばいますぐ原子力発電を廃止すべきだ」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 憲法改正

    憲法9条をいかし、専守防衛を貫き合憲の範囲内で現実的な対応。(公式サイト、2020年9月28日閲覧) 憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として国民の権利と義務・情報公開についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 選択的夫婦別姓

    障がい者、高齢者、LGBT、夫婦別姓、同性婚など多様性認め差別のない社会を。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    男女平等参画 (1)
  • 最低賃金の引き上げ

    最低賃金1300円(月収23万円)を目指す。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    景気・経済 (9)
  • 介護業界における人材不足問題の解決

    介護士、保育士など待遇改善(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    障がい者、高齢者、LGBT、夫婦別姓、同性婚など多様性認め差別のない社会を。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    マイノリティ (4)
  • 年金政策

    年金制度は実質的破綻。総合合算制度やベーシックインカムなど検討。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    介護士、保育士など待遇改善(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • LGBT支援

    自身の公式サイトで「障がい者、高齢者、LGBT、夫婦別姓、同性婚など多様性認め差別のない社会を。」と明言。

    マイノリティ (4)
  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    雇用 (1)
  • 非核三原則

    「非核三原則を堅持すべきだ」という問いに対して「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 教育無償化

    「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    教育 (6)
  • 憲法9条の改正

    憲法9条をいかし、専守防衛を貫き合憲の範囲内で現実的な対応。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    憲法 (2)
  • 消費税増税

    自身の公式サイトで「消費税5%以下に減税」 「20年間デフレ。GDP成長できず。消費も賃金も所得も下がり、結果税収も伸びない。増税によって財政再建した国はない。」と明言 「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「反対」と回答(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)"

    景気・経済 (9)
  • 財政出動

    「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

なし(現在調査をおこなっています)

📍 これまでの選挙歴・選挙区

🚩 所属政党

政党入年月 政党脱党年月
無所属 - -

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

🏛️ 国会での役職

なし

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま