屋良 朝博

国民民主党・衆議院

政党名 国民民主党
議会 衆議院
選挙区 沖縄県 3区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 59歳
誕生日 1962/08/22 00:00
SNS

政治家以前の経歴

  • エネルギーの安定供給

    化石燃料に頼らない沖縄のエネルギー源の開発(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    エネルギー (3)
  • 女性活躍の推進

    ライフワークバランスを見直し、女性が輝く社会を実現(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    女性 (3)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    沖縄の保育士は3年間で約3000人増加。効果は出ていますが、出生率全国1位の沖縄では申込数は増加し続け、特に0〜2歳児の受け皿確保は急務です。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 高齢化対策

    高齢化した地主へもきめ細かな対応を。賃貸継続や売却希望の地主に対する「跡地利用促進基金」の 創設を提唱します。管理団体が民間企業に貸し出し運営する ことで土地活用を持続可能にします。『銃剣とブルドーザー』 で土地を奪われた地主への当然の補償です。」 「沖縄も超高齢社会に突入。県が策定の「第7次沖縄県医療計画」を基本に在宅医療、看護の制度を整え、高齢者が地域で生活できる環境づくりを進めます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 教育政策

    学校で琉球・沖縄の文化・歴史、ウチナーを学ぶ授業の導入。どの子どもにも目が届く少人数学級の実現。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    教育 (6)
  • 子育て支援

    夜間に働くお母さん、お父さんを応援。県南部に比べ遅れている夜間保育の拡充で、安心して子どもを育て、いきいきと働ける環境を整備します。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 公共事業政策

    公共事業のために市町村が社会福祉や子育て支援などを削って裏負担と維持管理費を出す、これが貧困の問題の温床。振興策を人材育成、社会福祉にシフト。通勤圏、生活圏を拡大する鉄軌道の導入を促進。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

    インフラ (2)

なし(現在調査をおこなっています)

なし(現在調査をおこなっています)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
国民民主党 --

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

国会での役職

なし