大塚 耕平

国民民主党・参議院

政党名 国民民主党
議会 参議院
選挙区 愛知県
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 62歳
誕生日 1959/10/05 00:00
SNS

政治家以前の経歴

愛知県名古屋市出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。日本銀行入職。在職中より入学した早稲田大学院社会科学研究科を修了、博士号取得。2001年、第19回参議院議員選挙で初当選。内閣府副大臣など歴任し、民進党政審会長・民進党政調会長代理等を務める

  • エネルギーの安定供給

    日本にとって不可避の課題。再生可能エネルギー技術の開発・実用化、電力の安定供給は日本の生命線。原発事故対応は100 年単位の仕事。この困難な任務に当たる人材の育成・確保も重要課題。万策を尽くします。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

    エネルギー (3)
  • コロナ対策

    新型コロナウィルス感染症のパンデミックを経験したことによって、世界の構造と力学は大きく変わっていきます。国民のライフラインに関わる製品やサービスの生産・供給、産業のサプライチェーン、医療を含む様々な分野の人材育成、エネルギー・食料確保、国際社会におけるプレゼンスなど、ポストコロナ、ポストグローバリズムにおける国家としての「広義の安全保障」を追求します。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

    公衆衛生(コロナなど) (3)
  • 高齢化対策

    日本にとって最も大切なものは「人」。働きがい、生きがいを感じられる社会が「人」を活かし、山積する課題にチャレンジする「人」を育てます。生涯現役、全員参加、多様性がキーワード。日本の未来を拓く施策に取り組みます。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 消費税増税

    「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「どちらかと言えば賛成」と回答(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)
  • 財政出動

    「歳出抑制より景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)
  • 金融緩和の継続・強化

    「日銀は国債買い入れなど量的金融緩和政策を続ける」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合、結婚後の別姓を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    雇用 (1)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 憲法改正

    憲法改正について「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 憲法9条の改正

    憲法改正について「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
国民民主党 --

政党での役職

就任 退任
代表代行 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

なし