小鑓 隆史

自由民主党・参議院

政党名 自由民主党
議会 参議院
選挙区 滋賀県
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 55歳
誕生日 1966/09/09 00:00
SNS

政治家以前の経歴

滋賀県仰木町出身。京都大学卒業。平成4年、旧通産省に入省し中小企業政策、公務員制度改革、環境政策などに従事。平成14年にはイギリスへ留学し、インペリアル・カレッジ・ロンドンで修士号を取得。平成21年、ジェトロ(日本貿易振興機構)ヒューストンセンター次長に就任。平成26年2月、経産省を退職。同年11月、東京工業大学先進エネルギー国際研究センター特任教授に就任。自民党滋賀県参議院選挙区第2支部長を務める。

  • 教育無償化

    幼児教育の無償化を進め、所得の低い世帯やひとり親家庭への支援を拡充します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    教育 (6)
  • 奨学金制度の拡充

    子供たちの学びの機会を広げる無利子奨学金の推進、給付型奨学金の創設を検討します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    教育 (6)
  • 介護業界における人材不足問題の解決

    介護離職ゼロを目指し、介護サービスの基盤を50万人分増やします。質の高い介護サービスの提供のため、介護人材の確保と離職防止に努めます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    待機児童の解消を目指し、放課後児童クラブの定員も大幅に増やします。安心して子供を預けられるよう、保育士の処遇改善を進め、保育の質を高めます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 環境保全政策

    「琵琶湖保全再生法」を生かし、水質改善や森林整備、外来生物の防除、漁業資源の回復を目指します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    環境 (2)
  • 中小企業・小規模事業者支援

    中小零細企業の活性化支援、若年者や女性の就職、雇用安定と所得向上に取り組みます。大学生や高校生と中小企業との交流を広げ、学生の学ぶ意欲の向上と企業への人材供給のパイプを太くしていきます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    景気・経済 (9)
  • 雇用対策

    積極的に正規雇用の拡大を目指す県内企業を全力で応援します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

  • 農林水産業支援

    県内農産物の競争力アップのため、琵琶湖の環境や生態系に配慮した農業の世界農業遺産認定を目指します。「琵琶湖保全再生法」を生かし、水質改善や森林整備、外来生物の防除、漁業資源の回復を目指します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

    農林水産 (2)

なし(現在調査をおこなっています)

なし(現在調査をおこなっています)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

国会での役職

なし