高木 かおり

日本維新の会・参議院

政党名 日本維新の会
議会 参議院
選挙区 大阪府
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 49歳
誕生日 1972/10/10 00:00
SNS

政治家以前の経歴

大阪府堺市出身。京都女子大学卒業。三菱信託銀行勤務。2011年に堺市議会選挙。大阪選挙区支部長に決定。

  • 介護業界における人材不足問題の解決

    介護を取り巻く課題(老老介護、介護難民、高齢者虐待など)の改善に取り組む。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 年金政策

    働いても年金受給額が減らない年金制度を導入し、健康で生きがいを持って生活していただけるための支援に取り組む。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 女性活躍の推進

    妊娠出産を経て子育てが一段落した女性がもう一度社会復帰するための支援を拡充し、女性のリカレント教育を推進する。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    女性 (3)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    働く親が安心できる保育施設の充実が必要であり、預け先に悩むことなく子どもを産み育てられる社会をめざす。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 少子化対策

    子どもを持ちたいと考える方々が不妊・不育治療を安心して受けられる支援の充実。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 高齢化対策

    人生100年時代が到来し、高齢化が進む中、高齢者の方々の雇用を生み出す取り組み。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 教育政策

    OECD加盟国の中でも少なすぎる教育予算の増額を働きかけ、これからの日本を支えていく人材育成を行うべきである。教育行政において、国と地方の役割分担を見直して地方に合った教育体制を選択できるようにする。未来を担う子どもたちにとって、家庭の経済格差が教育格差にならないようにし、今後の大学のあり方の検討を踏まえた上での大学進学までの教育の無償化の実現をめざす。いじめや不登校、学力低下などの学校現場での課題は山積みとなっている今、教師がしっかり子どもと向き合える体勢整備を構築する。自治体間格差をなくすためにも、ICT環境を整備し、オンライン授業の早期導入を推進する。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    教育 (6)

なし(現在調査をおこなっています)

なし(現在調査をおこなっています)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
日本維新の会 --

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

国会での役職

なし