難波 奨二

立憲民主党・参議院

政党名 立憲民主党
議会 参議院
選挙区 全国ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 62歳
誕生日 1959/04/01 00:00
SNS

政治家以前の経歴

岡山県井原市美星町出身。高校卒業後の1977年、岡山県の玉島郵便局に外務職員として入局 。日本郵政グループ労働組合発足とともに初代書記長を務める。2010年第22回参議院議員選挙全国比例区で初当選。民主党参議院副幹事長、民主党岡山県連副代表を務める。家族構成は妻と一男一女。

  • 年金政策

    パート・派遣労働者などの処遇改善、失業者の就労支援、障がい者雇用の促進、年金・医療・介護制度の改革等について、個々の制度改革だけではなく、総合的で制度横断的な改革に取り組みます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 雇用対策

    パート・派遣労働者などの処遇改善、失業者の就労支援、障がい者雇用の促進、年金・医療・介護制度の改革等について、個々の制度改革だけではなく、総合的で制度横断的な改革に取り組みます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

  • 教育政策

    民主党政権は、チルドレンファースト(子ども第一)の旗を掲げ、高校無償化や少人数学級の実現などを次々に実現しました。しかし、安倍政権はこれらの施策を後退させ、復古的な教育を推し進めようとしています。戦後教育の原点である一人ひとりの人権を認め合う教育、人間としての尊厳を尊重した、助け合い、支え合う思いやり教育の実践が必要です。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    教育 (6)
  • 公共事業政策

    全国にあまねく2万4千局存在し、郵便・物流、そして金融のユニバーサルサービスを提供している郵便局は、国民の生活基盤を支えるセーフティネットです。国民の貴重な共有財産である郵便局の全国ネットワークを維持・発展させます。民主党政権下で成立した「改正郵政民営化法」に基づき、(1)金融ユニバーサルサービスの提供、(2)郵便局全国ネットワークの確保、(3)株式売却益の復興財源への活用、などを推進していきます。日本郵便が2013年10月から全国6エリアにおいて実施する「郵便局のみまもりサービス」を評価し、これを全国に広げていきます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

    インフラ (2)

なし(現在調査をおこなっています)

なし(現在調査をおこなっています)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
立憲民主党 --

政党での役職

なし

内閣での役職

なし

国会での役職

なし