室井 邦彦

日本維新の会・参議院

政党名 日本維新の会
議会 参議院
選挙区 全国ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 74歳
誕生日 1947/04/10 00:00
SNS

政治家以前の経歴

京都府京都市出身。追手門学院大学文学部卒業後、室井運輸株式会社 入社。83年に尼崎市議会議員に当選後、兵庫県議会議員を務める。2003年、民主党に入党し、同年の第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で兵庫8区から出馬し敗れたが、比例近畿ブロックで復活し、当選。2007年の第21回参議院議員通常選挙にて参議員議員に当選。妻は元衆議院議員の室井秀子。

  • 憲法改正

    憲法96条の改正による国民的議論の進展。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として教育の充実に向けた環境整備・地方公共団体の権限強化・憲法裁判所設置についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 道州制の導入

    道州制、公務員制度改革、教育委員会制度の改革を始め国の根幹にかかわる議論の進展。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    自治体 (3)
  • エネルギーの安定供給

    領海並びにEEZ内における海洋地下資源の開発。脱原発依存の実現を目指しつつ再生可能エネルギーの導入促進及び省エネ化の推進。再生可能エネルギーの固定価格買取制度や導入促進支援対策の拡充。東日本大震災により被災した地域において住居の集団移転を支援し、再生可能エネルギー導入によるエコタウンの推進。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    エネルギー (3)
  • 女性活躍の推進

    真面目に働く若者の就労支援を積極的に進め、女性の活躍できる社会の実現。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    女性 (3)
  • 震災復興政策

    福島再生のさらなる加速及び原子力損害賠償に対する支援強化。復興道路・復興支援道路の整備促進。復興に向けたまちづくりのためのインフラ整備。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    震災復興 (1)
  • 雇用対策

    真面目に働く若者の就労支援を積極的に進め、女性の活躍できる社会の実現。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

  • 教育政策

    日本の伝統文化に誇りを持ち、日本の成長を牽引し国際社会の中で適応する人材の育成。学校、地域における家庭菜園による食育の推進。自然食を取り入れた学校給食の普及。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    教育 (6)
  • 農林水産業支援

    化学的に合成された肥料・農薬並びに遺伝子組み換え技術を利用しない「有機農業」の推進と普及。有機農産物の流通・販売面の支援並びに地産地消の推進。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    農林水産 (2)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合、結婚後の別姓を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    雇用 (1)
  • 安全保障政策の推進

    自身の公式サイトで「わが国の主権と領土・領海を守り、日本の平和と北東アジアを始めとする地域の安定に貢献。」と明言 「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 消費税増税

    「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「どちらかと言えば反対」と回答(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)
  • 原発ゼロ

    脱原発依存の実現を目指しつつ再生可能エネルギーの導入促進及び省エネ化の推進。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 財政出動

    「歳出抑制より景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)
  • 金融緩和の継続・強化

    「日銀は国債買い入れなど量的金融緩和政策を続ける」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
日本維新の会 --

政党での役職

就任 退任
民主党兵庫県総支部連合会顧問 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

なし