3月16日に知っておきたいニュース

公開日 2021年03月16日 22:41,

更新日 2021年03月16日 22:45,

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんばんは、編集長の石田です。昨日、夕飯におかゆを食べたら寝起きが良くてびっくりしてます。お粥すげー!

1. ひとり親・住民税非課税の世帯に子1人あたり5万円 緊急支援策(毎日新聞)

政府は16日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困窮する子育て世帯や、非正規労働者らを対象とした緊急支援策を発表しました。

所得が少ない子育て世帯を対象として、18歳までの子供1人当たり5万円の特別給付金を支給するほか、孤独・孤立対策に取り組む民間団体への支援を拡充します。

2. ミャンマー国軍、戒厳令の対象地域拡大 1日の死者はクーデター以降最悪の50人に(BBC)

ミャンマー国軍は15日、先月1日にクーデターに対する抗議行動が始まって以降で最悪となる死者数が出たことを受け、最大都市ヤンゴンの一部に出していた戒厳令の対象地域を拡大しました。

ミャンマー国軍のクーデターに対する抗議行動では、14日に各地で兵士や警察が抗議者に発砲。ヤンゴンを中心に、約50人の死亡が報告されました。

3. 中国牽制、思惑重なった日米 外務省幹部「歴史的な日」(朝日新聞)

バイデン政権下で初めてとなった日米外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)は、対中牽制を前面に打ち出すものとなりました。中国の海洋進出を名指しで批判した上で、中国の海警部隊に武器使用を認める海警法などに「深刻な懸念」を明記し、軍事的・経済的に台頭する中国を強く牽制しています。

中国が東・南シナ海で海洋進出を強めるなか、米国の積極的な関与を促してきた日本は歓迎しています。

4. 中国、中国製ワクチンを接種した外国人について積極的な入国許可(Wall Street Journal)

中国外務省は、中国製ワクチンを接種した外国人についてビザの円滑化を決定しました。中国政府は、自国のワクチンを宣伝し、出張の促進によって国内経済を活発化させるとともに、ワクチン接種歴を記録した「ワクチンパスポート」が国際的に議論される中で、主導的な立場を目指しています。

一部の公衆衛生専門家は、中国によるワクチンの展開速度に懸念を表明しており、同国の臨床試験には十分な透明性がないと主張しています。

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事