ビジネス・経済に関する記事

自動車各社、期間従業員への支給金2倍。重要な理由は?

無料記事/ ビジネス・経済

トヨタ自動車やSUBARUが、期間従業員への支給金を2倍にすることを日本経済新聞が報じている。期間従業員とは、期間が定められた労働契約を結ぶ労働者のことで、かつては季節工と呼ばれていた。報道によれば、···

なぜ中国ワインが注目を集めているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

近年、中国ワインが注目を集めている。1996年の全国人民代表大会で、当時首相だった李鵬がワインの健康効果を絶賛して以来、中国のワイン市場は拡大した。国際ブドウ・ワイン機構(以下、OIV)によると、中国···

半導体不足はどうなったのか?影響と今後の見通し

有料記事/ ビジネス・経済

コロナ禍が拡大した2020年秋頃から、半導体不足が世界規模で続いてきた。以前の記事では、その原因としてコロナ禍による需給バランスの変化とサプライチェーンの混乱が挙げられ、急速な増産も難しいことから、製···

なぜ世界がインフレを懸念しているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

今春から囁かれ始めていたインフレに対する懸念が、ますます強まっている。米・連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、8月に開催されたジャクソンホール会議(*1)において「インフレ圧力は一時的」とし···

なぜ世界が『イカゲーム』に熱狂しているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

Netflixの韓国ドラマ『イカゲーム(Squid Game)』が、大ヒットしている。Bloombergによれば、全世界で約1億4,200万世帯が視聴し、製作費2,140万ドル(約24億円)に対して、···

なぜ岸田首相は金融所得税を見直そうとしているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

今月10日、岸田文雄首相は金融所得課税の見直しについて「当面は触るということは考えていない。そこばかり注目されてすぐやるんじゃないかという誤解が広がっている」と発言した。同首相は「成長の果実の分配や国···

なぜ中国・恒大集団に世界中が注目しているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

20日、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が一時900ドル以上の下落をみせた。背景には、中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)の資金繰りについて懸念の高まりがあり、連鎖···

BTSは、なぜ成功したのか?(3)桁外れの成功の理由

有料記事/ ビジネス・経済

前回述べたように、スキャンダラスなイメージさえあった弱小事務所であるHYBE(ハイブ、旧称:BigHitエンターテイメント)そしてBTSは、いかにして現在の地位を確立したのだろうか。事務所の戦略、BT···

電気自動車への移行は、世界でどのように計画されているか?

有料記事/ ビジネス・経済

EU(欧州委員会)は先月15日、2035年からガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止し、ゼロエミッション車への切り替えを促進することを提案した。EUの定義するゼロエミッション車とは、電気自動車(EV···

中国発、謎のファッションブランドSHEINに注目が集まる理由。急成長のデカコーンの強みとリスク

有料記事/ ビジネス・経済

今、米国の(そして日本の)Z世代から、密かに注目を集めているファストファッション・ブランドがある。中国で2014年頃に生まれ、急成長を遂げているSheIn(シーイン)だ。いわゆるプチプラ(プチ・プライ···

Facebookユーザー5億人以上の個人情報が流出、ポイントや対策は

無料記事/ ビジネス・経済

今月3日、世界106ヶ国にわたるFacebookユーザー5億3300万人の個人情報が、オンラインで公開されていることをBusiness Insiderが報道した。個人情報のうち、3200万人分が米国ユ···

なぜSpotifyからK-POPが消えたのか?

有料記事/ ビジネス・経済

2021年3月1日、数百組にのぼる韓国のアーティストの楽曲が、Spotifyから削除された。原因は、Spotifyと韓国のレーベル/ディストリビューターであるKakao Entertainment社の···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末

有料記事/ ビジネス・経済

- (2)より続く納車台数を順調に伸ばしているNIOだが、未だ黒字化は達成できていない。また、先行するTesla社に追いつくことができるのか、大きく膨らんでいる投資家の期待に応えるだけの成長を見せるこ···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(2)歴史

有料記事/ ビジネス・経済

- (1)より続く前回述べたように、NIOは創業からわずか4年後となる、2018年には米国でIPOを果たして、世界でも広く知られる自動車メーカーとしての地位を獲得した。NIOは、創業から現在までにどの···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIOとは(1)概要

有料記事/ ビジネス・経済

EVといえば、イーロン・マスクが手掛けるTesla(テスラ)を思い浮かべる方が多いだろう。Tesla社は2020年の1年間で株価を8倍まで上昇させ、自動車メーカーとしてはトヨタを抜いて時価総額世界一位···

なぜラグジュアリー業界が、ヒップホップ文化やセレブリティに接近するのか

有料記事/ ビジネス・経済

新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界的に酒類が販売禁止となったり飲食店が時短営業や営業停止となるなど、アルコール業界は大きな影響を受けた。こうした中で、他のアルコールよりも大きな影響を被った···

Robinhoodとは何か?金融を民主化する義賊か、1%を利する欺瞞か

有料記事/ ビジネス・経済

1月末、コンピュータゲーム小売店のGameStop社の株価が高騰し、メルビン・キャピタルやシトロン・キャピタルなどのヘッジファンドが損失を被った。背景には、米・大手掲示板Redditのコミュニティー「···

BTSは、なぜ成功したのか?(2)異例の"エンタメベンチャー"

無料記事/ ビジネス・経済

前回述べたように、BTSはK-POP全体が注目を集める中で生まれてきた。しかし、その中でもBTSの成功は異例づくしだ。中でも、その事務所であるBig Hitの存在は、彼らをますますユニークな存在にして···

DoorDashやAirbnb、予想を上回る評価額で上場へ。その理由は

有料記事/ ビジネス・経済

今月中旬、フードデリバリーのDoorDashと民泊大手のAirbnbがIPO(株式公開)します。両社は、時価総額10億ドル以上のユニコーンで、急成長を遂げる企業の1つです。パンデミックで多くの企業が打···

BuzzFeedのCEO、HuffPostを買収した理由を語る

有料記事/ ビジネス・経済

今月19日、日本にも展開するネット・メディアHuffPost(元Huffington Post)が、BuzzFeedによって買収されるとWSJが報じました。HuffPostは、TechCrunchなど···