ビジネス・経済に関する記事

なぜ急速な円安が進んでおり、消費者にどのような影響があるのか?

有料記事 / ビジネス・経済

3月初旬から4月にかけて急速な円安の流れが加速しており、28日には20年ぶりに1ドル=130円台を突破した。そもそも円安とは、円と他の通貨(たとえばドル)を交換する際、ある時期に比べて1円で交換できる···

なぜ今、大手テック企業の従業員が労働組合を求めているのか?GAFAやスタバの「働き方改革」

有料記事 / ビジネス・経済

ニューヨークにあるAmazonの物流センターで今月1日、労働組合結成の是非を問う従業員投票が賛成多数で可決された。Amazon側は労組結成に強く反発してきたが、労働環境の改善を訴える従業員の声を抑えき···

パーパスとは何か?「企業の存在意義」は、偽善かトレンドか

有料記事 / ビジネス・経済

先月18日、世界最大の資産運用会社 BlackRock のローレンス・フィンクCEOは年次書簡において、企業が「パーパス(Purpose)」を追求し、「ステークホルダー資本主義」を実現していくことを擁···

プライム市場など新設。東証の市場区分見直しがもたらす影響は?

有料記事 / ビジネス・経済

東京証券取引所(以下、東証)は今月11日、株式市場区分再編後の全上場企業の所属先を公表した。この市場区分見直しは今年4月4日に実施されるもので、現行の市場区分に代えて「プライム」「スタンダード」「グロ···

中国・恒大集団がデフォルトか。株式市場への波及はひとまず回避

無料記事 / ビジネス・経済

今月7日、資金繰りに苦慮している中国・不動産大手の恒大集団が、一部の公募(オフショア)債の利払いをおこなっていないことが報じられた。利払い期限は日本時間7日午後で、支払額は8,250万ドル(約93億円···

自動車各社、期間従業員への支給金2倍。重要な理由は?

無料記事 / ビジネス・経済

トヨタ自動車やSUBARUが、期間従業員への支給金を2倍にすることを日本経済新聞が報じている。期間従業員とは、期間が定められた労働契約を結ぶ労働者のことで、かつては季節工と呼ばれていた。報道によれば、···

なぜ中国ワインが注目を集めているのか?

有料記事 / ビジネス・経済

近年、中国ワインが注目を集めている。1996年の全国人民代表大会で、当時首相だった李鵬がワインの健康効果を絶賛して以来、中国のワイン市場は拡大した。国際ブドウ・ワイン機構(以下、OIV)によると、中国···

半導体不足はどうなったのか?影響と今後の見通し

有料記事 / ビジネス・経済

コロナ禍が拡大した2020年秋頃から、半導体不足が世界規模で続いてきた。以前の記事では、その原因としてコロナ禍による需給バランスの変化とサプライチェーンの混乱が挙げられ、急速な増産も難しいことから、製···

なぜ世界がインフレを懸念しているのか?

有料記事 / ビジネス・経済

今春から囁かれ始めていたインフレに対する懸念が、ますます強まっている。米・連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、8月に開催されたジャクソンホール会議(*1)において「インフレ圧力は一時的」とし···

なぜ世界が『イカゲーム』に熱狂しているのか?

有料記事 / ビジネス・経済

Netflixの韓国ドラマ『イカゲーム(Squid Game)』が、大ヒットしている。Bloombergによれば、全世界で約1億4,200万世帯が視聴し、製作費2,140万ドル(約24億円)に対して、···

なぜ岸田首相は金融所得税を見直そうとしているのか?

有料記事 / ビジネス・経済

今月10日、岸田文雄首相は金融所得課税の見直しについて「当面は触るということは考えていない。そこばかり注目されてすぐやるんじゃないかという誤解が広がっている」と発言した。同首相は「成長の果実の分配や国···

なぜ中国・恒大集団に世界中が注目しているのか?

有料記事 / ビジネス・経済

20日、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が一時900ドル以上の下落をみせた。背景には、中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)の資金繰りについて懸念の高まりがあり、連鎖···

BTSは、なぜ成功したのか?(3)桁外れの成功の理由

有料記事 / ビジネス・経済

前回述べたように、スキャンダラスなイメージさえあった弱小事務所であるHYBE(ハイブ、旧称:BigHitエンターテイメント)そしてBTSは、いかにして現在の地位を確立したのだろうか。事務所の戦略、BT···

電気自動車への移行は、世界でどのように計画されているか?

有料記事 / ビジネス・経済

EU(欧州委員会)は先月15日、2035年からガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止し、ゼロエミッション車への切り替えを促進することを提案した。EUの定義するゼロエミッション車とは、電気自動車(EV···

中国発、謎のファッションブランドSHEINに注目が集まる理由。急成長のデカコーンの強みとリスク

有料記事 / ビジネス・経済

今、米国の(そして日本の)Z世代から、密かに注目を集めているファストファッション・ブランドがある。中国で2014年頃に生まれ、急成長を遂げているSheIn(シーイン)だ。いわゆるプチプラ(プチ・プライ···

Facebookユーザー5億人以上の個人情報が流出、ポイントや対策は

無料記事 / ビジネス・経済

今月3日、世界106ヶ国にわたるFacebookユーザー5億3300万人の個人情報が、オンラインで公開されていることをBusiness Insiderが報道した。個人情報のうち、3200万人分が米国ユ···

なぜSpotifyからK-POPが消えたのか?

有料記事 / ビジネス・経済

2021年3月1日、数百組にのぼる韓国のアーティストの楽曲が、Spotifyから削除された。原因は、Spotifyと韓国のレーベル/ディストリビューターであるKakao Entertainment社の···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末

有料記事 / ビジネス・経済

- (2)より続く納車台数を順調に伸ばしているNIOだが、未だ黒字化は達成できていない。また、先行するTesla社に追いつくことができるのか、大きく膨らんでいる投資家の期待に応えるだけの成長を見せるこ···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(2)歴史

有料記事 / ビジネス・経済

- (1)より続く前回述べたように、NIOは創業からわずか4年後となる、2018年には米国でIPOを果たして、世界でも広く知られる自動車メーカーとしての地位を獲得した。NIOは、創業から現在までにどの···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIOとは(1)概要

有料記事 / ビジネス・経済

EVといえば、イーロン・マスクが手掛けるTesla(テスラ)を思い浮かべる方が多いだろう。Tesla社は2020年の1年間で株価を8倍まで上昇させ、自動車メーカーとしてはトヨタを抜いて時価総額世界一位···

いま読まれている記事

著者

シニア・エディター
東京大学大学院博士課程
オーフス大学映像人類学修士課程
パリ社会科学高等研究院博士課程
著者一覧

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま