Tesla( Priscilla Du Preez, Unsplash) , Illustration by The HEADLINE

なぜテスラは日本市場に注目しているのか?背景に米中EV市場の低迷

公開日 2024年01月31日 14:41,

更新日 2024年01月31日 14:43,

有料記事 / 経済 / ビジネス

この記事のまとめ
💡テスラのイーロン・マスクCEO、日本市場に注力と明言

⏩ テスラ、営業利益・利益率の低迷が目立つ
⏩ 背景にBYDやヒュンダイなどとの競争激化・米国のEV市場は「もしトラ」リスクを抱える

→ EV普及率の低い日本市場に期待か

米EV大手・Tesla(テスラ)は1月24日(現地時間)、2023年第4四半期(Q4)決算を開示した。この決算報告の会見上、同社のイーロン・マスクCEOが日本市場について言及したことに注目が集まっている。

日本をはじめ、いくつかの地域ではテスラの市場シェアが著しく低い。(日本市場では)少なくとも、メルセデスやBMWなど、他の非日系メーカーに匹敵するシェアを確保しなくてはいけない。

マスク氏はこのように述べ、日本市場でのシェア拡大に意気込みを見せた。この指摘の通り、2022年の日本国内でのテスラ販売台数は約6,000台と報じられており、メルセデス・ベンツ(約5万3,000台)、BMW(約3万2,000台)などの外資系メーカーに大きく水をあけられる格好となっている。

主な外資系自動車メーカーの2022年度国内販売台数(日本自動車輸入組合統計などから筆者作成)
主な外資系自動車メーカーの2022年度国内販売台数(日本自動車輸入組合統計などから筆者作成)

なぜこのタイミングで、マスク氏は日本市場について言及したのだろうか?

低迷するテスラの業績

マスク氏が日本市場について言及した1月24日、テスラが公表した2023年Q4決算は、予想以上に低調な結果だった。

続きを読む

この続き: 2,472文字 / 画像2枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
北海道大学大学院農学院所属。専門は農業政策の歴史・決定過程。関心領域は食料・農業政策、環境政策など。一橋大学法学部卒。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

ニュースレターを受け取る