オピニオン / 編集長よりに関する記事

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

分断される日米、一体化する中国

有料記事/ オピニオン / 編集長より

先日、大統領選を受けて「リベラルがアメリカを分断させた、などという言説は一考の余地もありません」と主張するツイートを見かけた。ツイート主のエッセイと合わせて、一定の支持を集めているようだが、個人的には···

The HEADLINEをなぜやるのか、そして何を目指しているのか

無料記事/ オピニオン / 編集長より

2020年6月頃から本格的に、The HEADLINEのメンバーシップを開始しました。ありがたいことに、自分が思っていた以上のみなさまが購読してくださいました。そこで、改めてなぜ本メディアをはじめたの···

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事/ オピニオン / 編集長より

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···

なぜわたしたちは部族主義に抗う必要があるのか?:コインチェック問題とヒラリー・クリントン

無料記事/ オピニオン / 編集長より

先日、現代ビジネスに「仮想通貨580億円流出事件で露呈したメディアとテック業界の深い溝」という記事を寄稿した。すると、とある友人から「なぜわざわざ火の粉が飛んできそうなトピックについて書くのか?」とい···

「個人へのパワーシフト」が進む時代の未来予測:メガトレンドは何をもたらすのか?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

先日筆者は「個人が信用によって資本をレバレッジさせる時代:評価経済に訪れる新たな闘争」という記事を書き、多くの人に感心を持ってもらいました。記事の内容は、個人の「信頼」が新たな資本の一部となり、それが···

Wantedlyによる「写真を無断利用」の論理について:インターネットにおける画像引用

無料記事/ オピニオン / 編集長より

すでに話題になっていますが、ウォンテッドリー社が「画像の無断使用はやめていただきたい」として、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて、Google・Twitterに同社を批判したブロク記事の···

「シルバーデモクラシー(民主主義)」論の誤謬と危険性

無料記事/ オピニオン / 編集長より

これまでに何度も現れ、そして消えていった「シルバーデモクラシー」論が、Brexit(イギリスのEU離脱)に伴って再燃しています。「シルバーデモクラシー」論は、主にインターネットにおける著名人を中心とし···

「移民に実生活で被害を被っている人=反EU」という言説の危険性

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今回のイギリスによるEU離脱にあわせて、「なぜイギリスは(今後、経済的な課題が予想されるのに)離脱派に傾いたのか?」という問いについて、様々な解釈が生まれてきています。そんな中、「イギリスがEU離脱し···

Editor’s noteを開始します:テクストと作者、あるいは立体的なメディアについて

無料記事/ オピニオン / 編集長より

MEDIA HACKにおいて新たに「Editor’s note」というコーナーを開始することにします。メディアに関する備忘録的な話題から、全く関係のないように見えるトピックまで、幅広く書いていくブログ···

メディアにおける「良いコンテンツ」について

無料記事/ オピニオン / 編集長より

メディアの議論になると、こういう話が出ます。「良いコンテンツを届けたい」「良いコンテンツをつくれば読者に届くのか?」「質の低いコンテンツが増えた」などなど…。しかし、ここでいう「良いコンテンツ」とは何···