社会問題・人権・環境に関する記事

SNSでおすすめする
社会問題・人権・環境

気候変動がメンタルヘルスに及ぼす影響とは?エコ不安症の問題化

有料記事

4月20日、気候変動に対する不安を抱える人が増加していることが、英The Guardian紙によって報じられた。同紙は、実際に不安を抱える人の例を挙げている。ワシントンを拠点に活動する精神科医アンドリ···
廣瀬優香
社会問題・人権・環境

東京五輪に出場する「難民選手団」とは何か?

有料記事

パンデミック下の開催に対して懸念の声も強い東京五輪・パラリンピックだが、今月8日に国際オリンピック委員会(IOC)は、「難民選手団」の出場を発表した。12の競技に29人のアスリートが出場することが決ま···
石田健
社会問題・人権・環境

オ‌ン‌ラ‌イ‌ン‌上‌で‌の‌誹‌謗‌中‌傷‌に‌対‌す‌る‌法‌整‌備‌の‌現‌状‌は?‌木村花さんへの中傷で科料9000円

有料記事

フジテレビの番組『テラスハウス』に出演し、昨年5月に自ら命を絶ったプロレスラー、木村花さんの事件に関連する裁判の判決が、今年の3月、4月、5月に立て続けに下された。3月と4月の判決では、生前の木村さん···
赤羽秀太
社会問題・人権・環境

男女別定員制度の問題とは何か?

有料記事

2021年5月26日、東京都立高校の入試で女子の合格ラインが男子のそれを大きく上回る状況が続いていることを毎日新聞が報じた。東京都では、公立高校(全日制普通科)の募集定員が男女別に設定されている。教育···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

釜ヶ崎(新今宮)とは何か?木賃宿から日雇い労働者の寄せ場、福祉の町まであいりん地区の歴史

有料記事

4月7日、大阪市の「新今宮エリアブランド向上事業」の一環として、ライターのしまだあや氏が電通関西支社から依頼を受けた記事「ティファニーで朝食を。松のやで定食を。」を公開した。しかし本記事は批判を集め、···
石田健
社会問題・人権・環境

フェミニズムを理解するための読書リスト(入門編)

無料記事

#MeTooムーブメントやフラワーデモのような性暴力やセクシュアルハラスメントの撲滅、アフターピルや経口中絶薬などリプロダクティブ・ヘルス・ライツ、ルッキズムなど、女性をめぐるさまざまな問題が顕在化す···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

プラスチック削減は、地球にとってどれほど効果的か?

有料記事

政府は3月9日、プラスチックごみの削減やリサイクルに向けた新法案を閣議決定し、2022年4月の施行を目指すことを発表した。同法案には、使い捨てプラスチックを大量に無料提供している事業者に削減義務を課す···
廣瀬優香
社会問題・人権・環境

生理の貧困とは何か?なぜ各国は対策を打ち出しているのか

有料記事

昨年11月、英・スコットランドは世界初となる生理用品の無料提供を義務付ける法案を可決した。これにより、小中学校や大学などで生理用品が無料提供され、その他の機関などでも同様の措置が求められる。具体的な方···
石田健
社会問題・人権・環境

新型コロナウイルスは、気候変動対策に影響を与えているのか?

有料記事

2021年3月16日、新型コロナウイルスに伴うロックダウンにより、2020年における世界のCO2排出量は減少したものの、再び増加傾向にあることが報じられた。新型コロナウイルス流行後における世界のCO2···
廣瀬優香
石田健
社会問題・人権・環境

ルッキズムとは何か?(2)「外見至上主義」への誤解と告発の難しさ

有料記事

- (1)より続く前回、ルッキズムの具体的な問題点を見てきた。ルッキズムは年齢や性別、セクシュアリティなどの要素が絡み合いながら、外見の良し悪しという評価基準によって、外見的に劣るとされる人物への差別···
石田健
徳安慧一
社会問題・人権・環境

ルッキズムとは何か?(1)外見による差別、機会・評価への影響

有料記事

東京五輪・パラリンピックで開閉会式の演出統括のクリエーティブディレクター佐々木宏氏が、渡辺直美氏の体型・容姿を侮辱する企画案を出したことで、辞任に至った。渡辺氏は、他人の身体的特徴を揶揄する風潮につい···
徳安慧一
石田健
社会問題・人権・環境

パートナーシップ制度とは何か?同性婚との違い、制度的意義は

有料記事

17日、同性同士の結婚が認められないのは「法の下の平等」や「婚姻の自由」などを保障した憲法に違反するとして、北海道内で3組の同性カップルが国を訴えた裁判で、札幌地裁は初めて「違憲」判決を下した。「14···
中込有紀
石田健
社会問題・人権・環境

国際女性デーはなぜ生まれたのか?

有料記事

毎年3月8日は国際女性デーとして祝われている。Googleのトップ画像からお気づきの方も多いだろう。 ロシアや中央アジア、東欧圏などでは公式の祝日とされており、また中国などでは女性のみの祝日となってい···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

電気代、10倍のリスクも。なぜ電気が不足、料金が高騰しているのか?

有料記事

年明けから全国的な電力需要の逼迫が生じており、危機感が強まっている。東京電力ホールディングス株式会社らが、今月10日と12日の2回に渡って照明や電気機器の使用を控えるなど「電気の効率的な使用」を求めた···
石田健
社会問題・人権・環境

なぜコロナ禍以降、アジアへの差別が強まっているのか?「中国ウイルス」から黄禍論

有料記事

コロナ禍に見舞われた2020年から2021年、あるゲームが物議を醸している。『サイバーパンク2077』は、キアヌ・リーヴスが登場キャラとして参加するなど、600億ドルを超えるゲーム市場に向けた期待の新···
徳安慧一
石田健
社会問題・人権・環境

NYT初の女性コピーエディター、ベッツィー・ウェイド氏死去。その功績とジャーナリズムのジェンダー格差

有料記事

2020年12月3日、The New York Times 紙で女性初のコピーエディターを務めたベッツィー・ウェイド氏が、91歳で亡くなった。彼女は、新聞・報道業界におけるガラスの天井を打ち破るととも···
向晴香
社会問題・人権・環境

カーボンニュートラルとは何か?(後編)オフセットへの批判

有料記事

前編で見たように、カーボンニュートラルはいまや世界的な潮流となっている。しかし同時に、批判的な見解も数多く存在しており、温暖化懐疑論者に限らず、批判も集めている。一体、なぜだろうか?そもそも測定可能?···
石田健
社会問題・人権・環境

カーボンニュートラルとは何か?(前編)日本、2050年までの脱炭素社会を宣言

有料記事

2020年10月26日、菅首相は所信表明演説をおこない「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した。カーボ···
石田健
社会問題・人権・環境

規制か合法か?大麻の論点を辿る(5)大麻の薬効と薬害

有料記事

大麻の規制や合法化を考える上で、経済効果や犯罪抑止と並んで重要になるのが、大麻そのものが持つ効能である。日本をはじめ世界各国において、大麻は薬物として法規制の対象とされて、その効能が問題視されているが···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

中国は、なぜ脱炭素目標を表明したのか?

有料記事

中国の習近平国家主席は9月22日、世界193ヶ国の首脳が参加する国連総会で「2060年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロ」とすることを宣言した。2060年までにカーボンニュートラルになり、今後10年···
赤羽秀太