社会問題・人権に関する記事

貧困 ジェンダー 移民・難民 その他 人権

💡 最新のニュース解説

💡 ニュース解説

入管法とはなにか?

有料記事 / 政治

6月8日、スリランカ国籍のウィシュマ・サンダマリ氏が入管施設で必要な医療を提供されず死亡したことをめぐり、同女性の遺族が国に賠償を求める訴訟が始まった。非正規滞在の外国人を収容する施設、いわゆる入管を···

なぜ若年女性は、東京へ集中しているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

今年1月、東京都は1月1日時点での都内の人口が推計1,398万人余りと、前年に比べ約4万人減少したと発表した。東京都の人口が減少したのは、1995年以来26年ぶりとなる。その原因としては、出生率の低下···

公正な移行とは何であり、どのように実現されているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

世界的にカーボンニュートラルに向けた動きが加速する一方、ウクライナ侵攻を受けて各国がエネルギー調達の脱ロシア依存を進めている。ただし短期的には、石炭火力発電への揺り戻しは避けられず、世界の脱炭素は停滞···

なぜ路上生活者に高齢者が増えているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

4月、厚生労働省は5年ごとに実施している「ホームレスの実態に関する全国調査(生活実態調査)」(以下実態調査)を公表し、平均年齢が最も高齢化していることや70歳以上の割合が最も多くなったことがわかった。···

AV新法とは何か?売春の「合法化」批判、セックスワーカーの「自己決定」とは

無料記事 / 政治

アダルトビデオ(AV)出演の契約をめぐる被害防止と救済に関する新たな法案、いわゆる「AV新法」について議論が加熱している。13日、自民・立憲民主など与野党6党によって同新法の素案がまとめられ、支援団体···

MeToo後、米国やハリウッドはどのように変化し、対策を講じてきたのか?

無料記事 / 社会問題・人権

映画監督の榊英雄氏および園子温氏、俳優の木下ほうか氏による性暴力が相次いで報道された。2017年、映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン被告による性暴力の告発を契機として、世界中で #MeTo···

ウィル・スミス氏の行動は、黒人の「暴力性」や「怒りっぽさ」神話、ミソジノワールをどのように呼び起こすのか?

有料記事 / 社会問題・人権

アカデミー賞授賞式(オスカー)において俳優ウィル・スミス氏がコメディアンのクリス・ロック氏を平手打ちにした事件で、スミス氏が米映画芸術科学アカデミーからの退会を表明した。この事件をめぐっては、スミス氏···

各国は、ウクライナ難民をどのように受け入れるのか?

無料記事 / 社会問題・人権

ロシアが侵攻を続けるウクライナにおいて、多数の市民が避難を開始している。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の発表によれば、3月1日時点でウクライナ国外へ避難した人々は50万人超にのぼり、今後も増大···

Twitter社CEO、育児休業を取得。そのポイントと背景

有料記事 / テクノロジー

Twitter社CEOのパラグ・アグラワル氏が、育児休業の取得に向けて準備していることを発表した。同社は従業員に対して最大20週間の育児休業を提供しており、アグラワル氏は数週間ほどの取得を計画している···

不妊治療の保険適用が開始へ、懸念点とポイントは?

有料記事 / 社会問題・人権

今年4月から、不妊治療への公的医療保険の適用が開始される。日本における不妊治療は今まで一部を除きほとんどが保険適用外となっており、体外受精1回あたりの平均費用は約50万円と、自由診療として高額な費用が···

なぜフランスは、ペットショップでの犬猫販売を禁止するのか

有料記事(無料プレゼント中) / 社会問題・人権

2021年11月、フランスで「ペットショップで犬と猫の販売を禁止する」法律が成立した。日本でも広く報道され、動物の扱いについて関心が集まった。なぜフランスでこのような法律が成立したのか?この問いに対し···

カザフスタンの人権はなぜ憂慮されているのか

有料記事 / 社会問題・人権

中央アジアの共和制国家・カザフスタンで、2022年の年明けから反政府デモが拡大した。政府に対する様々な不満に飛び火する形で拡大した抗議行動は、カザフスタン全土で非常事態宣言が発出される事態にまで発展し···

日本における男女の賃金格差は、どのような状況か?

有料記事 / 社会問題・人権

『21世紀の資本』で知られるパリ経済学院のトマ・ピケティ教授やカリフォルニア大学バークレー校(UCバークレイ)のガブリエル・ズックマン准教授、UCバークレイのエマニュエル・サエズ教授など、経済格差研究···

なぜEUとベラルーシは移民をめぐって対立しているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

1月7日、国境なき医師団(MSF)は、東欧のベラルーシとポーランドの国境で移民・難民支援にあたっていた医療チームを撤退させることを発表した。同国境では昨年12月以降、ジャーナリストやその他の支援団体の···

なぜ経口中絶薬の承認申請が注目を集め、批判を浴びているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

英国の製薬会社ラインファーマは今月22日、厚生労働省に2種類の経口中絶薬について承認を申請した。承認されれば国内初の経口中絶薬となり、手術を伴わない人工妊娠中絶が可能となる。現在日本では薬剤による中絶···

中国における#MeToo運動はどのように展開されてきたのか?

有料記事 / 社会問題・人権

中国の著名プロテニスプレーヤーの彭帥氏は今年11月、中国・共産党幹部であり元副首相の張高麗氏から受けた性的暴行を公表した。共産党幹部に対する初めての #MeToo に関する告発だったため、世界中から注···

東京都、22年度に同性パートナーシップ制度導入へ

無料記事 / 社会問題・人権

7日、小池百合子・東京都知事は東京都議会本会議で、22年度内にLGBTQなど性的少数者のカップルを公的に認める同性パートナーシップ制度の導入を発表した。今年度中に、制度の基本的な考え方などをまとめる方···

男性の「生きづらさ」とは何か?

無料記事 / 社会問題・人権

11月19日は、男性の健康やジェンダー問題について考える国際男性デーだ。近年「女性」や「ジェンダー」に関する問題が、メディアなどで取り上げられる機会が増えたが、同時に「男性」や「男らしさ」に関する社会···

コロナ禍で、欧米の移民・難民政策はどのように変化したか?

有料記事 / 社会問題・人権

欧米各国で移民・難民問題が再燃している。米国とメキシコの国境沿いには、数千人のハイチ人らが押し寄せ、ヨーロッパでもスペインやイタリアの海岸沿いに、北アフリカ諸国から大量の人々が殺到している。コロナ禍以···

マンスプレイニングとは何か?それが提起する3つの問題

有料記事 / 社会問題・人権

女性の権利が議論される中で、マンスプレイニングという行為が問題視されるようになってきた。例えば2020年に、高齢男性が子連れの女性に「母親ならポテトサラダくらいつくったらどうだ」と発言する現場を目撃し···

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

著者

シニア・エディター
パリ社会科学高等研究院博士課程
北海道大学大学院修士課程
ウォーリック大学政治学修士課程
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま