政治・国際関係に関する記事

SNSでおすすめする
政治・国際関係

ウガンダは、どのような政治・人権状況にあるのか?五輪参加選手が失踪・難民申請の意向も

有料記事

東京五輪に参加するため来日した後、大阪・泉佐野市での合宿中に一時失踪したウガンダの重量挙げ選手のジュリアス・セチトレコが、自国で詐欺容疑によって拘束された。同選手は「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕···
石田健
政治・国際関係

韓国憲政史上、初めての30代党首イ・ジュンソクとは誰か?大統領選にむけて旋風

有料記事

来年3月に大統領選挙を控えた韓国で、野党「国民の力」の党首イ・ジュンソク(李俊錫、이준석)が注目を集めている。韓国の主要政党としては憲政史上初となる30代での代表就任となり、ムン・ジェイン(文在寅)政···
石田健
政治・国際関係

なぜ中国当局は、手のひらを返して自国のテック企業の取り締り強化に乗り出したのか?

有料記事

今月2日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に前月30日に上場したばかりのDidi Chuxing(滴滴出行)について、中国当局は「国家安全保障の保護」を目的として調査に乗り出したことを発表した。同社···
石田健
政治・国際関係

世論はオリンピック開催を望んでいるのか?また政治家はなぜ開催に固執するのか?

無料記事

[本記事のまとめ]宣言前、必ずしも五輪の「中止」や「延期」が、世論の大部分を占めていたわけではない。むしろネットの声とは裏腹に、「開催」を望む声は増加していた。政治家が五輪開催に固執する理由は、金や利···
石田健
政治・国際関係

なぜ天皇は政治的行為を禁止されているのか?

有料記事

先月24日、宮内庁長官の西村泰彦は定例会見において「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と発言した。その上で「国民の···
石田健
政治・国際関係

タルサ人種虐殺とは何か?ブラック・ウォールストリートの忘れられた歴史

有料記事

現地時間6月1日、ジョー・バイデン米大統領は米国オクラホマ州タルサを訪れ、タルサ人種虐殺を追悼した。この事件は、100年前の1921年5月31日に黒人コミュニティー(*1)が破壊され、およそ300人が···
石田健
政治・国際関係

ベラルーシは、なぜ「欧州最後の独裁国家」なのか?

有料記事

今月23日、東ヨーロッパに位置する国家ベラルーシが、ギリシャからリトアニアに向かっていた欧州の格安航空会社ライアンエアーの旅客機を自国の首都ミンスクにある空港に緊急着陸させた。ベラルーシ側は、パレスチ···
石田健
政治・国際関係

イスラエルとパレスチナはなぜ長年対立しているのか?

有料記事

5月20日(現地時間)、10日間に渡って武力衝突が続いていたイスラエルとパレスチナの武装組織ハマスとの間の停戦合意が結ばれた。両国(*1)あわせて250人以上の死者を出しており、米国や欧州などが暴力の···
石田健
政治・国際関係

国際最低法人税率とは何か?

有料記事

4月7日、G20財務相会議で、「法人税の引き下げ競争を止めるための国際的な最低法人税率の導入」について、2021年半ばの合意を目指す共同声明が採択された。先んじて米バイデン大統領は3月31日、総額約2···
赤羽秀太
政治・国際関係

新疆ウイグル自治区の人権侵害、問題視される日本企業の社名や対応は?

有料記事

2020年3月、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)が、新疆ウイグル自治区に暮らすウイグル族への強制労働に関する報告書を発表した。本誌では、2018年からウイグルに関連する問題を継続的にお伝えして···
石田健
中込有紀
政治・国際関係

国民投票法改正案とは何か?積み残された「宿題」を解説

有料記事

今月6日、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案が、衆議院の憲法審査会で可決された。11日には衆議院本会議で採決され、自民党や立憲民主党などの賛成多数で可決される見通しだ。 一方、Twitterでは···
石田健
政治・国際関係

ミャンマー、人権侵害で問題視される日本企業。具体的な社名や対応は?

有料記事

2021年2月1日、ミャンマーで軍事クーデターが起こり、与党・国民民主連盟(NLD)の幹部やアウンサンスーチー国家顧問らが拘束された。このクーデターは、ミャンマーに進出している日本企業にも大きな影響を···
石田健
中込有紀
政治・国際関係

米国におけるアジア人差別の歴史:複雑な「モデルマイノリティ」像

有料記事

現地時間2021年3月16日、ジョージア州アトランタのスパやマッサージパーラーが銃撃され、アジア系6名を含む8人が死亡する事件が起こった。本事件は、ヘイトクライムの象徴的な事件として米国内だけでなく、···
徳安慧一
政治・国際関係

中国はなぜ国連の支配を進めようとしているのか

有料記事

中国は、国連安全保障理事会の常任理事国の1つであり、2019年には国連の予算分担率でアメリカに次ぐ第2位の国となった。現在の中国は、国連の中で強い発言権や経済面での高い貢献があると言える。この中国が近···
徳安慧一
政治・国際関係

エチオピアでなぜ武力衝突が起きたのか?現状や背景は

有料記事

2020年11月初頭、アフリカ東部エチオピアで、北部ティグレ州を拠点とする政党のティグレ人民解放戦線(TPLF)と政府軍との間で武力衝突が起きた。エチオピア周辺地域は、古くから海上交通の要所である。紅···
金子侑輝
政治・国際関係

なぜミャンマーでクーデターが起きたのか?

有料記事

今月1日、ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー国家顧問や与党・国民民主連盟(NLD)の幹部が拘束された。ミャンマー共和国は、1962年の軍事クーデターから長きにわたって軍事政権が続い···
石田健
政治・国際関係

テック企業によるトランプ大統領の排除、何が問題で、何をもたらすのか?

有料記事

8日、Twitter社がドナルド・トランプ大統領のアカウント(@realDonaldTrump)を永久停止にすることを発表した。これは議事堂乱入事件を受けての措置で、この事件をめぐって5人が死亡してい···
石田健
政治・国際関係

イランのジャーナリスト処刑。世界で続くジャーナリストへの人権侵害とは

有料記事

2020年12月12日、イラン人ジャーナリスト・活動家であるルホラー・ザムの死刑が、イラン国内で執行された。彼の処刑は世界各国で一斉に報じられ、国際的な批判を浴びている。イラン当局は、ザム氏がスパイや···
徳安慧一
政治・国際関係

ブレグジット後の移民政策、「現代奴隷」を増加させる脅威に?

有料記事

昨年10月、EU(欧州連合)からの離脱協定に合意したイギリスが、今年1月31日正式に離脱した。ただ年内は11ヵ月の移行期間中であるため大きな変化は生じていない。現在イギリス政府は、FTA(自由貿易協定···
金子侑輝
石田健
政治・国際関係

The HEADLINE #1 - 2020年のニュースを振り返る

有料記事

ニュース解説メディアThe HEADLINE / イシケンTVが、1年のニュースを振り返るイベントを開催します!新型コロナウイルスや大統領選挙、BLM運動、安倍首相の退陣など歴史的なニュースが次々とお···
石田健