暗号資産大手FTX、破綻 = 仮想通貨で過去最大規模。今後どうなる?

公開日 2022年11月12日 13:49,

更新日 2022年11月12日 13:50,

有料記事 / Web3・暗号資産

暗号資産市場が大きな動きを見せている。暗号資産(仮想通貨)大手取引所・FTXの取り付け騒ぎと、それに伴う競合の大手取引所・Binanceによる買収方針の表明および撤回、そして経営破綻に該当する連邦破産法11条(チャプター11)の申請が、わずか数日で立て続けに起こったからだ。

なぜFTXは窮地に陥り、なぜBinanceは一度合意した買収を取りやめたのだろうか?そして破産申請を受けて連鎖倒産なども懸念される中、今後、暗号資産市場へはどのような影響があるのだろうか?

何が起きたのか?

まずは今回の騒動が起きるまでの経緯を、時系列で整理していこう。

関連企業の財務情報がリーク

事の発端は、大手暗号資産メディア Coindesk によって今月2日、FTX の姉妹企業の暗号資産トレーディング企業 Alameda Research(アラメダ・リサーチ、以降アラメダ)の財務情報がリークされたことだ。

具体的には、アラメダが保有する資産146億ドルのうち50億ドル以上が、流動性の低い FTXトークン(FTT)(*1)で占められているという内容だった。FTTとは FTX によって発行される暗号資産の一種であるため、アラメダの資産のうち現金などの割合が少ないため、暗号資産の価格変動などに影響を受けやすい、脆弱な資産構成だったと言える。

つまり、名目上は別会社であった FTX とアラメダが密接に関係しており、その FTX の信用に依存した資産を担保として多額の借入などを行なってきたアラメダの信頼性に疑義が向けられたのだ。

続きを読む

この続き: 3,915文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
リサーチャー
東京理科大学理学部物理学科卒業。関心領域は、量子技術全般・スタートアップ・テック産業・人材育成など。
シニア・エディター
早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社マイナースタジオの立ち上げに参画し、同社を売却。その後、The HEADLINEの立ち上げに従事。関心領域はテックと倫理、政治思想、東南アジアの政治経済。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事