世界は人口減・高齢化に直面 = 今後どんな問題が指摘?

公開日 2023年01月18日 19:16,

更新日 2023年01月18日 19:20,

有料記事 / 移民・難民 / 社会問題・人権

この記事のまとめ
⏩世界人口は、昨年80億人に達したものの、増加ペースは鈍化
⏩特に高所得国の人口は減少し、各国が高齢化社会に直面
⏩サハラ以南のアフリカ諸国など、今後も人口増加の恩恵を受ける地域はあるが、大半の国は社会保障費の増大や経済成長の阻害など問題を抱える

昨年11月15日、世界人口は80億人に達した。この推計は国連の報告書『世界人口推計22年版』に基づいている。「人口問題」といえば、開発途上国では人口爆発を指す一方で、日本を含む先進国では少子高齢化が進んでいる。

世界の人口動態は今、地域によって両極端な局面を迎えていると言える。国連が報告する実態や向き合うべき課題を見ていこう。

世界の人口の今とこれから

『世界人口推計22年版』には、1950年から2022年までの世界の人口動態に関して、出世率や死亡率、移民数といったデータと、それを踏まえた2100年までの予測が示されている。

例えば22年版によれば、現在世界人口は増加しているが、実際に人口が増えているのは一部の国だけで、高所得国を含む多くの国ではむしろ人口減となり、高齢化も進んでいる。まずはこれらのデータを詳細にみていこう。

増加ペースは鈍化している

続きを読む

この続き: 3,401文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
東京大学総合文化研究科博士課程
東京大学総合文化研究科博士課程。専門はフランスの哲学者ジル・ドゥルーズを中心に現代の哲学。関心領域は身体・物体論、管理社会論、映画からゲーム、youtubeなど現代メディアと芸術。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事