大東島地方、令和5年台風第2号に関する気象情報が更新

公開日 2023年05月26日 16:46,

更新日 2023年10月26日 20:05

発表から1日以上が経過した情報です。

6月2日23時49分、南大東島地方気象台は、大東島地方に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために発表していた気象情報を更新した。

南大東島地方気象台の発表内容

大東島地方の波浪警報を注意報に切り替えました。引き続き、うねりを伴った高波に十分注意してください。また、3日未明まで強風に注意してください。

台風の現況

大型の台風第2号は、2日21時には種子島の南東約230kmの北緯29度20分、東経132度55分にあって、1時間におよそ30kmの速さで東北東へ進んでいます。中心の気圧は980hPa、中心付近の最大風速は23m、最大瞬間風速は35mで中心の東側560km以内と西側440km以内では風速15m以上の強い風が吹いています。

台風の予想

大型の台風第2号は、大東島地方の北の海上を東北東に進み、大東島地方から次第に遠ざかりつつあります。

防災事項

高波

大東島地方の沿岸の海域では、うねりを伴いしけています。海上や海岸付近では、3日夕方にかけてうねりを伴った高波に十分注意してください。

予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)

2日 3日

大東島地方 5m 5m

強風

大東島地方では、3日未明まで強風に注意してください。

大東島地方で予想される風向・最大風速(最大瞬間風速)

2日 西の風 15m(25m)

3日 西の風 15m(25m)

観測値

6月1日0時から2日23時までの最大瞬間風速と最大風速

(アメダスによる速報値 単位:m)

南大東村在所

最大瞬間風速 30.3 南南西 2日10時14分

最大風速 18.6 南南西 2日10時21分

北大東空港

最大瞬間風速 26.2 南 2日10時55分

最大風速 19.2 南 2日11時03分

南大東空港

最大瞬間風速 25.7 南南西 2日12時04分

最大風速 17.1 南南西 2日11時38分

降り始め(6月1日0時)から2日23時までの降水量

(アメダスによる速報値)

南大東村在所 94.0mm

北大東空港 83.5mm

南大東空港 78.5mm

今後発表する防災気象情報に留意してください。

これで「令和5年台風第2号に関する大東島地方気象情報」を終了します。

2023/06/02 23:49 南大東島地方気象台 発表

🎀 おすすめの記事

クルド人問題とは何か?なぜ・いつから・どのように問題視されてきたのか

有料記事 / 社会問題・人権

2023年頃から、埼玉県・川口市や蕨市を中心にクルド人と地元住民との衝突が度々取り沙汰されている。3月にはさいたま市で、クルド人の伝統的な祭り・ネウロズが開催された。開催にあたり、安全確保が難しいとし···

Xiaomi の新型 EV はなぜ注目されているのか?「iPhone登場と同じ衝撃」とも

有料記事 / テクノロジー

世界のスマートフォン市場で第3位のシェアを誇る中国・Xiaomi(シャオミ)が販売を開始した電気自動車(EV)・SU7 に大きな注目が集まっている。一部有識者が「iPhone 登場と同じ衝撃」とも表現···

グリーンハッシングとは何か?環境配慮を "あえてアピールしない" 理由は

有料記事 / 環境

企業の間で、グリーンハッシング(green hushing)と呼ばれる現象が広がっている。グリーンは「環境」、ハッシングは「黙らせる」をそれぞれ意味する言葉だ。企業が実態に見合わない環境への配慮をアピ···

ネイチャーポジティブとは何か?カーボンニュートラルに次ぐ、企業開示の重要トピックへ

有料記事 / 環境

今や、カーボンニュートラルは誰もが知る概念となったが、環境問題の世界では次なるキーコンセプトとして、ネイチャーポジティブが注目されている。ネイチャーポジティブは、生物多様性に関係する目標だ。生物多様性···

EUの人権・環境デューディリ規制に注目 = 日本企業800社にも影響か

有料記事 / 環境

EUの人権・環境デューディリジェンス規制が、日本企業にも大きな影響を与えようとしている。デューディリジェンス(Due diligence)とは本来、「自分自身の財産などを守るためにとるべき合理的な行動···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

本地域に他に発表されている気象情報

雷注意報

全国の警報・注意報

特別警報 警報 注意報 解除

台風情報

付近の気象・災害情報

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ

🔥 いま読まれている記事

🗞 最新のニュース

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

メンバーシップで支援する

The HEADLINE は、有料メンバーシップの皆様からの支援で成り立っています。いますぐ無料トライアル(10日間、その後月額980円)に参加して、500本以上の解説記事をご覧ください。