静岡県、令和5年 台風第13号に関する気象情報が更新

公開日 2023年09月07日 06:13,

更新日 2023年10月26日 20:50

発表から1日以上が経過した情報です。

9月8日23時14分、静岡地方気象台は、静岡県に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために発表していた気象情報を更新した。

静岡地方気象台の発表内容

台風第13号は、熱帯低気圧に変わりました。静岡県では、引き続き9日明け方にかけて土砂災害に注意・警戒してください。

気象概況

台風第13号は8日21時に熱帯低気圧に変わりました。中心は日本の南にあって、ゆっくりした速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は1004hPaとなっています。

静岡県では熱帯低気圧周辺の湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となっており、9日明け方にかけて雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。これまでに降った雨により、地盤の緩んでいる所があり、少しの雨でも警報級の大雨となるおそれがあります。

雨の実況

降り始め(7日14時)から8日23時までの降水量(アメダスによる速報値)

伊豆市天城山 134.0mm

伊豆市湯ヶ島 77.0mm

南伊豆町石廊崎 70.5mm

東伊豆町稲取 68.5mm

熱海市網代 63.0mm

雨の予想

9日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、

中部 30mm

西部 30mm

東部 30mm

伊豆 30mm

9日0時から10日0時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、

中部 50mm

西部 50mm

東部 50mm

伊豆 50mm

波の予想

9日に予想される波の高さ

中部南 3m うねりを伴う

遠州南 3m うねりを伴う

東部 2.5m うねりを伴う

伊豆北 3m うねりを伴う

伊豆南 3m うねりを伴う

防災事項

土砂災害に注意・警戒し、河川の増水、低い土地の浸水、うねりを伴った高波、竜巻などの激しい突風、落雷、降ひょうに注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

補足事項

今後発表する防災気象情報に留意してください。また、土砂災害、浸水害、洪水害の危険度に関しては、10分毎に更新されるこれらのキキクル(危険度分布)を確認してください。

これで、「令和5年 台風第13号に関する静岡県気象情報」は終了します。

2023/09/08 23:14 静岡地方気象台 発表

🎀 おすすめの記事

戦争で AI はどう使われるのか?(3)今後議論するべき7つのポイント

有料記事 / テクノロジー

——(2)より続く米ソ冷戦の緊張が高まっていた1983年9月26日、ソ連の将校だったスタニスラフ・ペトロフは、ミサイル攻撃警戒システムが発した警告を誤りだと判断した。警報は、監視衛星が雲に反射した太陽···

東京都知事選、なぜ石丸伸二氏は躍進し、蓮舫氏は低迷したのか - イシケンの部屋

無料記事 / オピニオン・お知らせ

7日おこなわれた東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏が291万8,015票を獲得して、3回目の当選を果たした。2位には、165万8,363票を獲得した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏がつけ、元参議院議···

戦争で AI はどう使われるのか?(2)AI で加速する「大量暗殺工場」の仕組み

有料記事 / テクノロジー

——(1)より続く2022年に始まったロシア・ウクライナ戦争、そして2023年に始まったイスラエル・ハマス戦争それぞれにおいて、AI はすでに実戦投入されている。前編の記事では、シリコンバレーや世界情···

グリーンハッシングとは何か?環境配慮を "あえてアピールしない" 理由は

有料記事 / 環境

企業の間で、グリーンハッシング(green hushing)と呼ばれる現象が広がっている。グリーンは「環境」、ハッシングは「黙らせる」をそれぞれ意味する言葉だ。企業が実態に見合わない環境への配慮をアピ···

ネイチャーポジティブとは何か?カーボンニュートラルに次ぐ、企業開示の重要トピックへ

有料記事 / 環境

今や、カーボンニュートラルは誰もが知る概念となったが、環境問題の世界では次なるキーコンセプトとして、ネイチャーポジティブが注目されている。ネイチャーポジティブは、生物多様性に関係する目標だ。生物多様性···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

本地域に他に発表されている気象情報

大雨注意報
雷注意報

全国の警報・注意報

特別警報 警報 注意報 解除

台風情報

付近の気象・災害情報

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

メンバーシップで支援する

The HEADLINE は、有料メンバーシップの皆様からの支援で成り立っています。いますぐ無料トライアル(10日間、その後月額980円)に参加して、500本以上の解説記事をご覧ください。