ソフトバンク出資のBrandless、破綻した理由:低いロイヤリティ、CBDへの進出

テック, メディア

公開日 2020/02/12 15:45,

更新日 2020/02/12 18:34

有料記事

SoftBank Vision Fund(SVF)から2018年7月、評価額5億ドルで2億4000万ドルを受けとったBrandlessが、事業閉鎖に至った。WeWorkやWag!などSVFの投資先には苦戦をつづける企業が多いが、事業閉鎖に至ったのは初めてだ。これにより同社は、従業員70名を解雇、10名は処理が完了していない注文に対応しながら、残りの資産売却のため動く予定だ。

Brandlessの事例は、SFVが直面している様々な問題の1つとも見なされるが、一方でWalmartの元COOを起用して成長を遂げていた(と信じられていた)Brandlessがなぜ失敗したのか?という疑問も残る。

迷走を続けていた同社

オーガニック、D2C、ポップアップ、アンチAmazon、実店舗を持たないECなど、近年のバズワードが詰め込まれたBrandlessが迷走を続けていたことはよく知られている。創業者ティナ・シャーキーがCEOを更迭された後、WalmartでCOOを務めていたジョン・リッテンハウスが選ばれた。

The Informationによれば、ソフトバンクはBrandlessに対して利益を出すよう圧力をかけ、投資家と経営陣の緊張関係は、シャーキー元CEOの退任へと繋がった。同社は2019年初めに13%のスタッフを解雇したが、それ以前から商品の品質や在庫管理に問題を抱えており、コストカットだけで問題が解決されるわけではなかった。

AmazonによるWhole Foods Marketsの買収や、WalmartによるJet.comの買収などにより、市場環境は激化。同社は、こうした変化に対応することができないまま、自社の中核的な価値を崩していくことになる。

ベビー用品のHonestやマットレスのCasper、眼鏡のWarbyParkerと異なり、Brandlessは幅広いSKUを抱えており、質の担保が出来ないまま拡大路線のジェットコースターに乗ってしまったのだ。

価格の引き上げとCBDへの進出

この記事の全文を読むためには、有料購読を登録していただく必要があります。

月額3,200円で有料購読をはじめる

すでに会員の方は、こちらからログインしてください。

ログインする
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
編集長より

パパ活試論 - 1

無料記事

2017年にテレビドラマの名前として冠されるなど、パパ活という言葉は人口に膾炙した感がある。一方、その定義は曖昧なままである。ただの「善意による援助」なのか、「下心を含めた投資」なのか、はたまた援助交···
石田 健
テック, メディア

Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。Uber E···
井川優斗
テック, メディア

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田 健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健