Computer keyboard(Tadas Sar, Unsplash) , Illustration by The HEADLINE

なぜ Microsoft は「CO2の埋蔵」を支援しているのか?

公開日 2023年06月07日 22:13,

更新日 2023年09月12日 12:54,

有料記事 / ビッグテック / 資源・エネルギー

この記事のまとめ
💡 Microsoft、「CO2を埋蔵する」CCSを支援

⏩ CCSは、発電所からのCO2排出を地中に貯留
⏩ Microsoft、2030年までのカーボンネガティブ達成を宣言
⏩ CCSを支援し、カーボンクレジットを購入する狙い

米・Microsoftが、CCSと呼ばれる技術への支援を強めている。

同社は2021年に、ノルウェーのスタートアップなどとCCSを共同で開発する旨の覚書(MOU)を締結した。先月には、デンマーク政府も当該プロジェクトへの財政的な支援を発表した

CCSとは、Carbon Capture and Storageの略で、直訳すれば「炭素回収・貯留」になる。これはCO2を海底などの地中深くに埋める技術で、大気中のCO2を削減できる技術として注目を集めている。

最近では AI 分野などで強みを発揮するMicrosoftだが、一体なぜCCSを支援しているのか。その背景には、同社が掲げるカーボンネガティブの目標が関係している。

なぜ Microsoft は、AI 競争で優位な位置にいると見られているのか?
有料記事 / テクノロジー

CCSとは何か

CCSは、CO2を地中深くに埋め、大気に放出されることを防ぐ技術だ。

ただし、大気中のCO2を回収して貯留するわけではない。これはDAC(Direct Air Capture)と呼ばれ、別の技術として分類されている。

CCSは主に発電所などから排出されるCO2を回収し、パイプラインなどを使って地中に貯留する。貯留先となるのは、地下水がある帯水層などで、適切な地層に貯留すればCO2を1,000年にわたり閉じ込められるとされる。

いまだ本格的な実用化はされていないものの、昨年時点で64億ドル(約8,320億円)もの資金がCCS分野に投じられた。日本でも、北海道苫小牧市で CCS の大規模実験が進んでいる。

BECCSの可能性

CCSのなかには、CO2の排出を防ぐだけではなく、大気中のCO2を "減らす" 効果が期待されるものがある。その1つがBECCSと呼ばれるものだ。

続きを読む

この続き: 3,022文字 / 画像2枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
北海道大学大学院農学院所属。専門は農業政策の歴史・決定過程。関心領域は食料・農業政策、環境政策など。一橋大学法学部卒。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

ニュースレターを受け取る