豊川及び豊川放水路(愛知県)が氾濫危険水位に到達して、氾濫する危険性

公開日 2023年06月02日 17:48,

更新日 2023年06月03日 02:53

発表から1日以上が経過した情報です。

6月3日2時45分、豊橋河川事務所と名古屋地方気象台は、豊川及び豊川放水路で氾濫危険水位付近の水位が続く見込みであると発表した。

危険な場所からの避難が必要とされる「警戒レベル4相当」にあたり、河川がいつ氾濫してもおかしくない状態である。

災害が想定されている区域等では、自治体からの避難指示の発令に留意するとともに、避難指示が発令されていなくても自ら避難判断をすることが望ましい。

豊橋河川事務所と名古屋地方気象台は、観測所ごとの川の危険度や防災上の留意点を以下のように発表している。

  • 豊川の石田水位観測所(新城市)では、「氾濫注意水位」を下回りました。
  • 【警戒レベル3相当】これは、高齢者等避難の発令の目安です。豊川の当古水位観測所(豊川市)では、当分の間、「避難判断水位」付近の水位が続く見込みです。引き続き、市町村からの避難情報に十分注意するとともに、適切な防災行動をとってください。
  • 【警戒レベル4相当】これは、避難指示の発令の目安です。豊川放水路の放水路第1水位観測所(豊川市)では、当分の間、「氾濫危険水位」付近の水位が続く見込みです。豊川放水路では堤防決壊等による氾濫のおそれがあり、豊川市、豊橋市では浸水するおそれがあります。市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとってください。

氾濫想定地区

▽ 氾濫による浸水が想定される地区は、以下の通り
愛知県新城市庭野、一鍬田、八名井、豊島、川田
愛知県豊川市江島町、松原町、金沢町、東上町、豊津町、橋尾町、向河原町、二葉町、当古町、院之子町、行明町、正岡町、小坂井町
愛知県豊橋市賀茂町、石巻小野田町、下条東町、下条西町、牛川町、湊町、船町、北島町、野田町、三ツ相町、馬見塚町、高洲町、富久縞町、吉前町、大村町、下地町、横須賀町、川崎町、清須町、前芝町、下五井町、日色野町

雨量情報

多いところで1時間に4ミリの雨が降っています。 この雨は今後次第に弱まるでしょう。

豊川流域の1日23時00分〜3日2時20分までの流域平均雨量は399ミリ。3日2時20分〜3日5時20分までの流域平均雨量の見込みは3ミリ。

2023/06/03 02:45 名古屋地方気象台 発表

🎀 おすすめの記事

日本の大学の学費は高いのか?東大が授業料値上げを検討、低い公的支出の裏にある教育劣位世論

有料記事 / 社会

2024年6月10日、東京大学は約20年間据え置いてきた授業料について「改定を検討」していると発表した(太字は引用者による、以下同様)。東京大学新聞は5月23日、関係者の話として、学費の値上げに関する···

なぜ、コロンブスは批判されるのか?Mrs.Green Apple の新曲MV、公開中止に

有料記事 / 社会問題・人権

2024年6月13日、人気ロックバンド・Mrs.Green Apple が、前日に発表した新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)の公開を中止し、公式サイトで謝罪した。MV は、メンバーの3名が···

生成 AI の裏方に脚光、注目のワケとは?4種類のプレーヤーと政治的思惑

有料記事 / テクノロジー

生成 AI を駆使したサービスが急速に浸透するなか、生成 AI の普及を支える裏方とも言える企業が注目を集めている。生成 AI の裏方として輝きを放つスターとしては、半導体メーカーの Nvidia が···

グリーンハッシングとは何か?環境配慮を "あえてアピールしない" 理由は

有料記事 / 環境

企業の間で、グリーンハッシング(green hushing)と呼ばれる現象が広がっている。グリーンは「環境」、ハッシングは「黙らせる」をそれぞれ意味する言葉だ。企業が実態に見合わない環境への配慮をアピ···

ネイチャーポジティブとは何か?カーボンニュートラルに次ぐ、企業開示の重要トピックへ

有料記事 / 環境

今や、カーボンニュートラルは誰もが知る概念となったが、環境問題の世界では次なるキーコンセプトとして、ネイチャーポジティブが注目されている。ネイチャーポジティブは、生物多様性に関係する目標だ。生物多様性···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

本地域に他に発表されている気象情報

波浪注意報

全国の警報・注意報

特別警報 警報 注意報 解除

付近の気象・災害情報

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

メンバーシップで支援する

The HEADLINE は、有料メンバーシップの皆様からの支援で成り立っています。いますぐ無料トライアル(10日間、その後月額980円)に参加して、500本以上の解説記事をご覧ください。