新型コロナウイルス、テック企業に与える影響:AppleからAirbnbまで

公開日 2020年02月26日 06:28,

更新日 2020年02月26日 06:38,

有料記事 / テクノロジー

新型コロナウイルスの拡大抑止のため、震源地である中国・武漢市が事実上封鎖されてから1か月が経過した。いまだに終息の目処が立たない中、感染拡大以降はじめてとなる主要国の閣僚級会議G20が先日サウジアラビアで開催された。初日の会議では、中国経済の減速は避けられないという見方で一致した。

産業界にすでに影響が出ているが、なかでも生産・消費の両面で中国への依存度が高い巨大テック企業への影響は大きくなっていきそうだ。

製造業は脆弱性あらわに

Appleは02月17日、今年度第2四半期の売上が予想を下回る見込みだという記者発表をおこなった。原因はふたつある。ひとつは、iPhoneの生産が制限されていること。閉鎖されていた中国国内のiPhone製造工場は、02月10日に生産を再開したが、部品の輸送に関わる飛行機・船舶の数が減少していることが生産減へと繋がった。加えて、春節後の工場労働者の戻りが予想よりも遅く、通常通りの稼働とはなっていない。深センにあるiPhoneとiPadの部品メーカー工場のシニアマネージャーがThe Imformationに語ったところでは、彼の工場では稼働率は60%ほどとなっている。

続きを読む

この続き: 1,524文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
The HEADLINEリサーチャー。早稲田大学政治経済学部所属。関心領域は、政治哲学・西洋政治思想史・倫理学など。
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事