ジューンティースとは何か:黒人解放の日、全米企業など公式な休日に

社会問題・人権・環境

公開日 2020/06/25 04:51,

更新日 2020/10/10 19:22

有料記事

6月19日は、米国での奴隷解放を記念した日である「ジューンティース(Juneteenth)」だが、今年は特別な1日となった。TwitterやUber、Nike、Citiグループなど多くの企業が19日を休日として定め、ニューヨーク市なども2021年から公式な休日とする法律を定めた

2020年、全米にとって特別な日になりつつあるジューンティースとは何であり、なぜ現在でも重要なのだろうか。

なぜ6月19日?

1865年6月19日、米陸軍少将のゴードン・グレンジャーがテキサス州ガルベストンを訪れ、南北戦争の終結と奴隷制度の終焉を告げた。1865年7月7日のNew York Timesによれば、以下のように合衆国政府の命令である「一般命令第3号」が紹介されている。

テキサス州の人々は、 米国合衆国執行部の宣言により「すべての奴隷は自由である」と知らされた。これによって、元主人と奴隷の間には絶対的に平等な個人の権利と財産権が与えられ、これまでの関係は、雇用主と雇われた労働者の関係となった。

実際に、奴隷解放が合衆国憲法の修正第13条で提起されたのは半年前だったし、エイブラハム・リンカーン大統領が、1862年9月に奴隷解放宣言をおこなってから3年近くが経過していた。 しかし、自身が解放されたことを南部の黒人奴隷は知らず、グレンジャーの知らせによって、やっとその事実が南部へと広まることとなった。

ゴードン・グレンジャー少尉

この日は、「June nineteenth(6月19日)」から「Juneteenth」と名付けられ、アフリカ系米国人によって長い間祝われることとなった。

ジューンティース文書の発見

今月18日、驚くべきことに「一般命令第3号」の原本が、米国ナショナル・アーカイブから発見された。1865年6月19日付けの手書きの文書は、陸軍少将ゴードン・グレンジャーに代わってF.W.エメリー少佐による署名が記されていた。

従来知られていた一般命令第3号の活字版

新たに見つかった一般命令第3号の手書き版

記されている文言は、前述のNew York Times紙の文言と同一だが、現在流布している印刷版よりも古いバージョンであり、アーカイブの責任者はWashington Post紙の取材に対して、今回の発見が「素晴らしいタイミングだ」と語ってる。

ジューンティースの歴史

ゴードン・グレンジャーは、1821年11月6日にニューヨークで生まれた米国の軍人だった。1863年9月18-20日に行われた南北戦争の「チカマウガの戦い」で名声を上げ、テキサス州司令官として着任した。 1864年4月9日、南軍のロバート・E・リー北軍が、グラント総司令官に降伏したことで南北戦争は終結を迎えた。その後「ジューンティース」の知らせを届けたグレンジャーだが、それが直ちに奴隷解放につながったわけではなかった。

1865年までに、テキサスには推定25万人の奴隷がいたと言われるが、実際には同年12月18日に修正13条が批准されるまで解放されない奴隷も少なくなかった。 グレンジャーの知らせを聞いて行動した奴隷の中には、川を渡っている最中に射殺されて吊るされた者もおり、解放後も6年間に渡って主人のために働いた者もいた

初期の奴隷解放が、どこまで祝福すべきものだったかは分からないことも多いが、少なくとも1865年から祝典は開始されていた。初期の頃は、奴隷に投票指示を与える政治集会として利用され、日付も6月19日ではなく1月1日だった。

続きを読む

この続き: 1,339文字 / 画像1枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

政治・国際関係

規制か合法か?大麻の論点を辿る(2)賛成派と反対派の主張を追う

有料記事

大麻の合法化や非犯罪化、非刑罰化といった解禁動向は広がりを見せつつあるものの、依然として国際的な足並みは揃っていない。では、具体的な大麻合法化の賛否に関する議論はどのようになされており、論点はどのよう···

社会問題・人権・環境

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

社会問題・人権・環境

規制か合法か?大麻の論点を辿る(1)大麻の法規制の現状

有料記事

日本国内で著名人の薬物逮捕者がニュースを騒がせる中、大麻については解禁運動も注目されており、海外では医療用・娯楽用として合法化された国も存在する。一方で、「ゲートウェイドラッグ(強い依存性や副作用を持···

社会問題・人権・環境

LGBTが増えると何が起きるのか?足立区議の「足立区が滅びる」発言を受けて

有料記事

「L(レズビアン)だってG(ゲイ)だって法律で守られているじゃないかという話になれば足立区は滅んでしまう」。東京都足立区の白石正輝区議(78)が9月25日の区議会で、少子化問題を取り上げる中、同性愛者···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

政治・国際関係

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

社会問題・人権・環境

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···