なぜ米軍はドイツから撤退しようとしているのか?

政治・国際関係

公開日 2020/08/03 09:20,

更新日 2020/08/03 09:39

有料記事

米軍が、ヨーロッパ最大の駐留先であるドイツからの一部撤退を予定している。ドイツの西部・南部を中心にあわせて約3万5000人の米兵が駐留しているが、トランプ大統領はこのうち1万2000人を撤退させるとしている。2020年6月頃には報じられていた撤退の意向が、7月29日の記者会見で大統領およびエスパー国防長官によって取り上げられた形である。

撤退する兵士の一部は、ベルギーやイタリア、スペインなど他のNATO加盟諸国の基地に配置され、約6400人はアメリカ国内へ帰還する。加えて、冷戦期やコソボ紛争などで大きな役割をはたしてきたアメリカ欧州軍(EUCOM)の拠点を、ドイツからベルギーに移転する考えが示されている。

第二次世界大戦直後から米ソ冷戦を経て、ドイツの米軍基地は現在もNATOの重要拠点のひとつであり、現在でもアフリカや中東へのドローン作戦等にも使用されている。およそ75年もの間存在し続けている在独米軍の撤退は、軍事戦略上の影響だけにとどまらず、地域住民の基地での雇用喪失による経済的損失や、地域コミュニティでの米独間の交流の喪失などにつながることが懸念されている

ではなぜ、トランプ大統領は米軍をドイツから撤退させようとしているのだろうか。これに対し、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国はどう対応するのだろうか。

ドイツへの制裁措置?

トランプ大統領の発言によれば、NATOで取り決めた国防費をドイツが全額払っていなかったことへの制裁が理由だという。

2014年にロシアがクリミア半島を併合して以降、NATOは2024年までに参加各国の防衛費をGDPの2%にまで引き上げる目標を掲げていた。だが、ドイツはこの目標に到達しておらず、トランプ大統領は長い間この停滞を批判してきた。エスパー国防長官も、「ドイツはヨーロッパで最も裕福な国だと思います。ドイツは国防費を多く支払うことができ、また支払うべきです」と主張していた。トランプ大統領はそもそもGDPの2%では満足しておらず、倍の4%にまで目標を引き上げることを提案するなど、NATO加盟国に対し強硬な姿勢を見せていた。

しかし、2019年時点で目標達成に至ったのは加盟29カ国中9カ国にとどまっており、防衛費の目標達成については、必ずしもドイツだけが批判されるべき問題ではない。実際、トランプ大統領は防衛費を増やさなければ、ドイツ以外の国々からも米軍を撤退させると発言するなど、他の加盟国にも批判的である。

だが、ドイツからの移転先として名前のあがっているイタリア(1.22%)やベルギー(0.93%)、スペイン(0.92%)のGDPあたりの防衛費を見ても、いずれもNATOの数値目標を満たしておらず、不十分な防衛支出のためにドイツを罰したいという主張は必ずしも現状に沿ったものとは言い難い。

では、ドイツからの米軍撤退は誰にとって利益となるのだろうか。

続きを読む

この続き: 2,532文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
おすすめの記事

政治・国際関係

モーリシャス沖「わかしお」座礁事故から2ヶ月:その後の経緯は

有料記事

貨物船「わかしお」が今年7月、モーリシャス沖で座礁して石油流出事故を起こした。インド洋の島国モーリシャスは、真っ白な砂浜と透き通った海に囲まれた世界でも有数の観光地だ。周辺にはサンゴ礁やマングローブ林···

社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···

政治・国際関係

衝撃の「フィンセン文書」とは何か?東京五輪も関与、日本の金融機関の名前も

有料記事

英・香港上海銀行(HSBC)や米・JPモルガンなど世界の大手金融機関が、不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)を黙認していたことを示す「フィンセン文書(the FinCEN Files)」が、世界中···

政治・国際関係

地球温暖化は山火事のリスクを増加させるのか?

有料記事

米国西部で大規模な山火事が発生している。今年の8月から9月にかけて、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなどで多くの山火事が発生し、街中がオレンジに染まる様子がインターネット上で拡散されるなど、世界的···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···