早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied

政治・国際関係

ロシアの秘密部隊29155部隊とは何か?アフガニスタンでの米兵殺害指令の背後に影

有料記事

2019年4月、アフガニスタンにあるバグラム空軍基地近くで自動車が爆発し、3人の米兵が亡くなった。この基地は米軍の主要拠点として、たびたびタリバンによる攻撃の標的にされてきたが、こうした有志連合の兵士···
徳安慧一
石田健
政治・国際関係

なぜカニエ・ウエストは大統領選に出馬表明するのか?トランプ支持・福音派・黒人の自由

有料記事

2020年7月5日、折しもアメリカ独立記念日に、ラッパー・プロデューサーとして知られるカニエ・ウエストが、自身のTwitterでアメリカ大統領選への出馬を表明して注目を集めている。彼は出馬表明の中で、···
徳安慧一
石田健
政治・国際関係

香港・国家安全法で対応を迫られるテック企業:言論の自由と規制対応

無料記事

香港での国家安全法の施行を受けて、TikTokが香港向けのApp StoreとGoogle Playストアからアプリを取り下げ、サービスの撤退を表明した。またFacebookやGoogle、Twitt···
徳安慧一
石田健
政治・国際関係

新型コロナウィルス対策、世界でアルコール・酒類販売の禁止。一体なぜ?

有料記事

南アフリカで、2020年6月1日に解除されていた酒類販売の禁止措置が再び課されることとなった。同国では3月26日深夜のロックダウン開始から、酒類とタバコの販売禁止措置が続いていたが、解除されると買い溜···
徳安慧一
石田健
政治・国際関係

世界中で多発する洪水と気候変動。各国の対策は?

有料記事

平成29年7月九州北部豪雨や平成30年7月の西日本豪雨、令和元年の2つの巨大台風、そして令和2年7月の豪雨と、日本各地で集中豪雨や台風による水害が頻発している。避難所での新型コロナウィルス感染拡大のリ···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

パンデミックによって侵害される女性のリプロダクティブ・ヘルス・ライツ。セックスや出生数にも変化

有料記事

毎年7月11日は世界人口デーであり、1989年に国際連合開発計画が制定して以降、世界の人口問題についての意識を高めるきっかけとなってきた。2020年は新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛や移動制限···
徳安慧一
社会

なぜパンデミック下でタバコが売れるのか?規制強化と市場縮小の中で

有料記事

タバコの健康リスクを訴え続けてきたWHOは、加熱式を含めたあらゆる種類のタバコについて使用の中止を推奨している。特に、喫煙行為が新型コロナウィルスへの罹患率を高めるという報道も相まって、2020年以降···
徳安慧一
政治・国際関係

なぜ米軍はドイツから撤退しようとしているのか?

有料記事

米軍が、ヨーロッパ最大の駐留先であるドイツからの一部撤退を予定している。ドイツの西部・南部を中心にあわせて約3万5000人の米兵が駐留しているが、トランプ大統領はこのうち1万2000人を撤退させるとし···
徳安慧一
政治・国際関係

リプロダクティブ・ヘルス・ライツとは何か?

有料記事

2020年7月29日、NHKの番組に出演した日本産婦人科医会副会長の前田津紀夫が、緊急避妊薬についての「日本では若い女性に対する性教育、避妊も含めてちゃんと教育してあげられる場があまりに少ない」「“じ···
徳安慧一
石田健
政治・国際関係

民主党の副大統領候補、カマラ・ハリスとはどんな人物か?

有料記事

2020年8月11日、米国大統領選挙において、民主党の副大統領候補としてカマラ・ハリスが選ばれた。自身も大統領選に出馬し、2019年7月時点では民主党候補者内で2位となり、自らの撤退後も、民主党の大統···
徳安慧一
政治・国際関係

なぜ大規模デモが起こるのか?ベラルーシとタイの政治的背景

有料記事

東欧と東南アジアにある2つの国での大規模デモが、世界的に注目を集めている。ベラルーシでは、ルカシェンコ大統領が6選を決めた2020年8月9日の大統領選に対して、不正疑惑から選挙のやり直しを求める大規模···
徳安慧一
政治・国際関係

なぜトランプ大統領は郵便選挙を目の敵にするのか?郵政公社の苦境も背景に

有料記事

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年11月3日のアメリカ大統領選挙では数多くの有権者が郵送による事前投票をおこなうと見られている。トランプ大統領は、郵便選挙が全国的に導入されることで、投票···
徳安慧一
政治・国際関係

The HEADLINEをなぜやるのか、そして何を目指しているのか

無料記事

6月頃から本格的に、The HEADLINEのメンバーシップを開始しました。ありがたいことに、自分が思っていた以上のみなさまが購読してくださいました。そこで、改めてなぜ本メディアを運営しているのかを書···
石田健
徳安慧一
社会

パンデミックはオフィスや住宅など不動産領域にどのような変化を生み出したのか?

有料記事

新型コロナウィルスのパンデミックは人々の生活を一変させたが、不動産も大きな影響を被っている。不動産に関わるコロナ禍の影響は幅広い領域に及んでいるが、具体的にどのようなことが起こっているのだろうか。そし···
徳安慧一
社会

リモートワークで生産性が上がるのか?

有料記事

新型コロナウィルスの感染拡大により、出勤による感染リスクを避けるために、企業がリモートワークを導入する動きが広がっている。2020年3月から北米オフィスの全従業員に在宅勤務を要請していたGoogleは···
徳安慧一
テクノロジー

ポルノにおけるディープフェイクの増加。何が起き、何が問題か

有料記事

新技術はしばしばポルノによって進歩することが指摘されているが、AIによるディープラーニングと画像・映像合成技術もその例に漏れない。2017年以降、出演者の同意を得ていないディープフェイクを用いたポルノ···
徳安慧一
社会

ヴィーガンという食生活はどんな意義を持つのか?

有料記事

ヴィーガンは世界的なトレンドとして、小さいながらも着実に成長を続ける市場である。サステイナビリティ、健康意識、宗教・倫理、食物アレルギーなど、さまざまな動機からヴィーガンとしての食生活を選択する人々が···
徳安慧一
社会問題・人権・環境

実写版『ムーラン』、なぜ批判?​​​差別的描写や政治性

有料記事

1998年のディズニー映画の実写リメイクで、2018年11月に全米公開予定だった『ムーラン』が、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+」で公開されることが決定した。制作の遅れや新型コロナウィ···
徳安慧一
政治・国際関係

スポーツにおける政治、どのように問題となるのか?

有料記事

2020年9月12日に開催されたテニスの4大大会・全米オープン女子シングル決勝で、大坂なおみが2回目の優勝をはたした。このテニス選手としての快挙も非常に重要だが、今大会で特に注目されたのは、黒人差別に···
徳安慧一
社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···
徳安慧一