アグネス・チョウ(周庭)氏ら、逮捕翌日に保釈。香港当局の狙いは?

政治・国際関係

公開日 2020/08/12 09:00,

更新日 2020/08/12 10:18

有料記事

10日に逮捕された香港・民主派の活動家であるアグネス・チョウ(周庭)氏が、11日22時(現地時間)に釈放された。

あわせて同日に逮捕された、蘋果日報(Apple Daily)紙の創業者ジミー・ライ(黎智英)氏やライ氏の息子、そして同紙を発行するNext Digital(壱伝媒)社の幹部らも保釈されており、前日に逮捕された人物はいずれも保釈された

英国に滞在している活動家のネイサン・ロウ(羅冠聡)氏は、チョウ氏について「彼女は無罪だが、無期刑を受ける可能性がある」と警鐘を鳴らし、Twitterでは「#FreeAgnes」のハッシュタグが拡散されるなど、本問題への関心が高まっていた中での出来事だった。

一体チョウ氏らに何があり、香港当局の狙いは何なのだろうか。

罪状は「外国勢力との結託」

今回チョウ氏が逮捕されたのは、その罪状として当初報道されていた国家安全法の「扇動分裂罪」ではなく、「外国勢力と結託して国家安全に危害を加えた疑い」によるものだった。

保釈後におこなった記者会見では「逮捕された詳しい理由は分からない」とした上で、「これまでで最も恐怖を感じた」と語った。また、2万ドルの保釈金を支払い、パスポートは当局から没収、9月1日に再び警察に出頭することも明らかにした。

蘋果日報紙の家宅捜索では200人以上の警官が投入され、計画的な捜査であったことも伺える。香港のメディア王でもあり、著名な民主活動家であるジミー・ライ氏の逮捕には、英国政府や米・ポンペオ国務長官が続々と懸念を表明した。

チョウ氏やライ氏は、いずれも外国勢力との結託した疑いが持たれており、South China Morning Post紙によれば、チョウ氏は「香港の制裁を求めるオンライングループに関与していた疑い」があり、ライ氏とその息子は「海外の銀行口座を通じて、グループに財政支援を提供した疑い」があると警察は主張している。

具体的な結託の内容は不明だが、チョウ氏については、ソーシャルメディアを通じた言動が問題視されたという指摘もある。

保釈は容易?

今回、チョウ氏らが翌日には保釈されたことから、国家安全法による逮捕であっても、従来の香港における慣習通り42時間以内で保釈されることを意外に受け取る声も見られた。しかし実際には、国家安全法における保釈に関する規定には懸念が集まっている。

国際的な人権団体のHuman Rights Watchが指摘するように、同法第42条は「裁判官が、国家安全保障上の犯罪を犯さないと確信した場合を除いて、容疑者の保釈を拒否している」。この条文は、国家機密の開示が懸念される場合は公開裁判が拒否されたり、司法長官の指示にもとづいて陪審員裁判がおこなわれないことと合わせて、容疑者の基本的権利が奪われている条項として問題視されている。

実際、7月1日に国家安全法が施行されてから24時間以内に逮捕されたトン・キッイン氏は、保釈を拒否されている。キッイン氏は、「光復香港 時代革命」と書かれた旗を掲げながらバイクで警察に衝突したことで逮捕され、その後、裁判所は保釈申請を却下して拘留された。この逮捕をめぐる保釈の審議は、今月5日にふたたび行われたが、そこでも保釈が認められることはなかった

キッイン氏の弁護士は、「この条項が事実上の『保釈なし』の規定となっている」とした上で、「第42条は、国家安全法自体とミニ憲法である基本法とも整合性が取れていない」と主張している。国家安全法では第4条で「人権の尊重・保証」が規定されており、基本法でも「不法な逮捕、拘留、監禁」が禁じられているが、第42条の内容はこれらと矛盾をきたすことが指摘されている。

なぜ早期に保釈?

では、一体なぜアグネス・チョウ氏やジミー・ライ氏は早期に保釈されたのだろうか。現時点で当局の真意は不明だが、大きく3つの仮説が提起されている。

続きを読む

この続き: 1,493文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

政治・国際関係

モーリシャス沖「わかしお」座礁事故から2ヶ月:その後の経緯は

有料記事

貨物船「わかしお」が今年7月、モーリシャス沖で座礁して石油流出事故を起こした。インド洋の島国モーリシャスは、真っ白な砂浜と透き通った海に囲まれた世界でも有数の観光地だ。周辺にはサンゴ礁やマングローブ林···

社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···

政治・国際関係

衝撃の「フィンセン文書」とは何か?東京五輪も関与、日本の金融機関の名前も

有料記事

英・香港上海銀行(HSBC)や米・JPモルガンなど世界の大手金融機関が、不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)を黙認していたことを示す「フィンセン文書(the FinCEN Files)」が、世界中···

政治・国際関係

地球温暖化は山火事のリスクを増加させるのか?

有料記事

米国西部で大規模な山火事が発生している。今年の8月から9月にかけて、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなどで多くの山火事が発生し、街中がオレンジに染まる様子がインターネット上で拡散されるなど、世界的···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···