リモートワークで生産性が上がるのか?

社会

公開日 2020/08/31 09:04,

更新日 2020/08/31 09:23

有料記事

新型コロナウィルスの感染拡大により、出勤による感染リスクを避けるために、企業がリモートワークを導入する動きが広がっている。2020年3月から北米オフィスの全従業員に在宅勤務を要請していたGoogleは、2021年7月までリモートワーク期間を延長した。FacebookTwitterなども、リモートワーク期間の延長や無期限導入の動きを見せている。

労働者側もまた、リモートワークを求める向きがある。業務の自動化ソフトを提供するZapier社の2019年のレポートによると、調査対象である900人近いアメリカの知識労働者のうち95%がリモートワークを望んでおり、74%はリモートワークのために仕事を辞めることをいとわないとしている。

また、イギリスの人材紹介会社CapabilityJaneの分析では、若者や女性を中心にイギリスの労働者の多くは柔軟な働き方を求めており、人材管理の協会組織であるCIPDは、雇用者側にオープンな組織体制を検討するようガイドラインを定めている。

こうしたリモートワークの広がりに対し、オフィスワークとの違いや生産性の疑問視などから、労働者側のニーズにもかかわらず、なかなか日本ではリモートワークが広がらない現状がある。

リモートワークは生産性をあげることができるのか、リモートワークのメリットとデメリットに鑑みた上で検討することとしたい。

オフィスワークにかかるコスト

そもそも、従来主流とされてきた対面でのオフィスワークは、リモートワークと比較してどのようなコストを払っているのだろうか。

通勤のコスト

従来のオフィスワークにおいて、特にコロナ禍との関連で問題化されたのは通勤である。新型コロナウィルスの流行以前から、通勤は労働上のコストとして問題視されていた。2018年時点で、アメリカの労働者の平均通勤時間は年間225時間であり、片道あたりの通勤時間は郊外化や交通インフラへの支出減などで増加傾向にあった。通勤の長時間化は肥満率や高血圧離婚率子どもの社会的・感情的問題の上昇と相関しているとされており、労働面だけでなく、健康や家庭、育児面でもリスクと見なされていた。ハーバード・ビジネスレビューによれば、アメリカでは通勤時間がなくなったことで毎週約8900万時間を節約することができており、これはパンデミック以降で計算した場合、4450万労働日に相当する。

とはいえ、通勤がこのまま消え去るわけではない。交通利用に関するイギリス政府の調査では、鉄道やバスの利用は半減しているものの、自動車は9割ほどに回復していることが明らかにされている。この調査は利用目的別の統計ではないものの、少なくともこうした交通利用の中に通勤が含まれていることは間違いない。パンデミック以降、企業は感染リスクの低い通勤手段や業務時間の柔軟化、駐車料金の扱いなど、通勤環境の改善という課題を抱えることとなった。

通勤のあり方の変化を受けて、オフィスそのものもコストのかかる存在と見なされ、撤退や縮小や分散などの方策が取られるようになりつつある。しかし、後述するリモートワークのデメリットに鑑みても、通勤という課題は依然として存続すると考えられる。

オフィスの非効率性

オフィスでの仕事自体が抱える非効率性も、パンデミック以前から指摘されてきた。ガバナンステクノロジー企業eShareによる2018年の調査によれば、イギリスのオフィスワーカーは毎週平均10時間42分を費やして、平均4.4回の会議の準備や参加をおこなっているが、このうち2.6回は不要だと考えている。会議の出席者数が平均して6.8人であることから、1企業あたり年間で3万5000ポンド(約490万円)を超える無駄なコストが発生している。これは540万の企業が存在するイギリス全体では1900億ポンドものコストになると試算されている。また、同調査では、これらの会議は数通のメールで代替可能であるにもかかわらず、会議や資料のデジタル化が欠如していると、52%のオフィスワーカーが主張していた。

では、こうしたコストや課題を抱えてきたオフィスワークに比べて、リモートワークにはどんなメリットがあるのだろうか。

続きを読む

この続き: 2,891文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
おすすめの記事

政治・国際関係

モーリシャス沖「わかしお」座礁事故から2ヶ月:その後の経緯は

有料記事

貨物船「わかしお」が今年7月、モーリシャス沖で座礁して石油流出事故を起こした。インド洋の島国モーリシャスは、真っ白な砂浜と透き通った海に囲まれた世界でも有数の観光地だ。周辺にはサンゴ礁やマングローブ林···

社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···

社会

ヴィーガンという食生活はどんな意義を持つのか?

有料記事

ヴィーガンは世界的なトレンドとして、小さいながらも着実に成長を続ける市場である。サステイナビリティ、健康意識、宗教・倫理、食物アレルギーなど、さまざまな動機からヴィーガンとしての食生活を選択する人々が···

社会

パンデミックはオフィスや住宅など不動産領域にどのような変化を生み出したのか?

有料記事

新型コロナウィルスのパンデミックは人々の生活を一変させたが、不動産も大きな影響を被っている。不動産に関わるコロナ禍の影響は幅広い領域に及んでいるが、具体的にどのようなことが起こっているのだろうか。そし···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···