ヴィーガンという食生活はどんな意義を持つのか?

社会

公開日 2020/09/07 13:08,

更新日 2020/09/07 15:52

有料記事

ヴィーガンは世界的なトレンドとして、小さいながらも着実に成長を続ける市場である。サステイナビリティ、健康意識、宗教・倫理、食物アレルギーなど、さまざまな動機からヴィーガンとしての食生活を選択する人々が増えつつある。

健康面については、体重減少やいくつかのガンおよび心臓病のリスク低下に、ヴィーガンとしての食生活が有効であることは複数の研究によって示されている。また、食物アレルギーで見ても、例えば乳製品の消化能力の障害である乳糖不耐症は、東アジアを中心に世界人口の65%が抱える問題であることに鑑みれば、完全な菜食主義とは言わないまでも、それに類する食生活の選択は健康を守る上で重要となってくる。

特に食をめぐるサステイナビリティは、SDGsに鑑みても環境問題や産業のあり方にも関わる重要な論点と言えるだろう。では、ヴィーガンという食生活は、消費者としての我々にとってどのような意義を持ちうるのだろうか。

成長市場の担い手としてのヴィーガン

ヴィーガンフード市場全体は、2018年に126.9億ドル規模と評価されており、2019年から2025年にかけて年平均成長率9.6%で成長すると予測されている。

より具体的な内容を見てみよう。グローバルな代替タンパク質市場は、2010年から北米を中心に拡大傾向にあり、2020年から2025年までに年平均成長率7.4%を記録するという予測がなされている。代替タンパク質とは、具体的には植物性タンパク質、真菌類に由来するマイコプロテイン、藻類タンパク質、および昆虫タンパク質を指している。

2020年7月には、オーツ麦で作られた代替ミルクを販売するスウェーデンの食品ブランド「オートリー」が2億ドルの株式を売却し、20億ドルものブランド評価を得ることとなった。株式購入をおこなうコンソーシアムには、オプラ・ウィンフリーやナタリー・ポートマン、Jay-Z率いるロックネイション社、元スターバックスCEOのハワード・シュルツも名を連ね、成長市場の開拓として大きな注目を集めた。

畜産業への批判として

しかし、オートリーの株式売却の決定は、コンソーシアムの中にドナルド・トランプ大統領支持で知られるPEファンド「ブラックストーン」が含まれていたことから、批判を浴びている。

ただし、批判の理由はトランプ支持ではない。大豆や穀物輸送のための高速道路建設に伴うアマゾンでの森林破壊に関わっているとして非難された、ブラジルのインフラ企業にブラックストーンが投資をしており、彼らが株主となることはサステイナビリティを謳うオートリーの企業ミッションと矛盾するからである。オートリーの主な購買層はヴィーガンであるため、こうしたサステイナビリティや環境破壊への倫理性が、自身が消費する製品や製造企業にも要求された形となっている。

CO2排出の元凶

こうしたヴィーガンのサステイナビリティへの意識は、畜産業への批判にもつながっている。畜産や酪農による食肉や乳製品の生産は、人為的なCO2排出量の14.5%を占めており、特に牛肉はカロリーあたりのCO2排出量が植物性タンパク質と比べてはるかに高い。2010年のユネスコの研究機関の報告では、主に畜産業で使う飼料用作物のために、世界の淡水使用量のほぼ3分の1が使われている。加えて、牛などの反芻動物が発するげっぷには、温室効果ガスの1つであるメタンが多く含まれており、工業廃棄物と合わせて人為的なメタン排出の大きな原因となっている。こうした畜産業による環境負荷や屠畜そのものへ反対する倫理的意識が、ヴィーガンという食生活の選択には存在している。

こうしたヴィーガンによる畜産業への批判は、何も彼らの個人的な倫理問題にはとどまらない。例えば、ブラジルに本拠を構える世界最大の食肉企業JBSが、牧草地化のためのアマゾンの森林破壊や肉の汚染隠蔽、サプライチェーンにおける奴隷労働、動物虐待、ブラジルのミシェル・テメル大統領などへの贈賄といった数々の問題が指摘されている。贈賄については、JBSの組織体制以上の一般化には慎重になるべきだろうが、環境破壊などに関しては畜産業全体の課題であり、ヴィーガンの持つ問題意識とも整合的である。

続きを読む

この続き: 1,820文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
おすすめの記事

政治・国際関係

モーリシャス沖「わかしお」座礁事故から2ヶ月:その後の経緯は

有料記事

貨物船「わかしお」が今年7月、モーリシャス沖で座礁して石油流出事故を起こした。インド洋の島国モーリシャスは、真っ白な砂浜と透き通った海に囲まれた世界でも有数の観光地だ。周辺にはサンゴ礁やマングローブ林···

社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···

社会

リモートワークで生産性が上がるのか?

有料記事

新型コロナウィルスの感染拡大により、出勤による感染リスクを避けるために、企業がリモートワークを導入する動きが広がっている。2020年3月から北米オフィスの全従業員に在宅勤務を要請していたGoogleは···

社会

パンデミックはオフィスや住宅など不動産領域にどのような変化を生み出したのか?

有料記事

新型コロナウィルスのパンデミックは人々の生活を一変させたが、不動産も大きな影響を被っている。不動産に関わるコロナ禍の影響は幅広い領域に及んでいるが、具体的にどのようなことが起こっているのだろうか。そし···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···