Climeworks-Anlage(TRx340, CC BY 4.0) , Illustration by The HEADLINE

空気からCO2を回収する技術 DAC に熱視線=JPモルガン、Microsoft も取引する Climeworks とは?

公開日 2023年07月18日 19:22,

更新日 2023年09月14日 19:49,

有料記事 / スタートアップ / 脱炭素

この記事のまとめ
💡「空気から直接CO2を回収する」技術=DACに熱視線

⏩ DAC、スイスのスタートアップ Climeworks などが商用化
⏩ Microsoft や JP Morgan Chase もカーボンクレジットを購入
⏩ フィルターの性能向上などによるコストダウンが大きな課題

スイスを拠点に DAC の開発を進めるスタートアップ、Climeworks への注目が高まっている。

DAC は Direct Air Capture(ダイレクト・エアー・キャプチャー)の略で、空気から CO2 を回収し、地中深くに埋める技術だ。同社が地中に埋めた分のCO2はカーボンクレジットとして販売され、すでに多くの企業がその購入に動いている。

カーボンクレジットとは、特定のプロジェクトによる CO2 削減量が「排出権」として販売されるものだ。このクレジットを購入した企業は自社からの CO2 排出量をクレジット分だけ相殺できる。

カーボンクレジットとは何か?注目の背景と問題点
有料記事 / 環境

2023年5月、米金融大手 JP Morgan Chase は2万5,000トン分のカーボンクレジットを、総額2,000万ドル(約26億円)で Climeworks から購入することを発表。昨年1月には、Microsoft、Stripe、Shopify の3社に対して、Climeworks からカーボンクレジットが納入された

なかでも Microsoft は、Climeworks との間で10年にわたる長期のカーボンクレジット購入契約を結んでいる

業種を問わず、カーボンニュートラルなどへのコミットメントが重要になるなか、カーボンクレジットの発行元として Climeworks は注目の的となりつつある。

では、そもそも Climeworks が取り組む DAC とはどのような技術なのか。そして、なぜいま DAC に注目が集まっているのだろうか。

DAC とは何か

DAC(Direct Air Capture)について定まった日本語訳はないが、あえて直訳すれば「空気からの直接的 CO2 回収」となる(*1)

DAC では空気から回収した CO2 を地中深くに埋め、空気から隔離する。その結果、大気中の CO2 が削減されるため、回収した CO2 の量に応じてカーボンクレジットを発行することができる。なお、カーボンクレジット制度の詳細については下記記事に詳しい。

カーボンクレジットとは何か?注目の背景と問題点
有料記事 / 環境

(*1)DACはCO2を回収したのちに地下へ貯留するため、DAC+S(Direct Air Capture+Storage:空気からの直接的CO2回収・貯留)と呼ばれることもあるが、本記事の表記はDACに統一する。

CCS とは何が違うのか

CO2 を回収し地下へ貯留する技術としては、CCS(Carbon Capture and Storage)と呼ばれるものもある。しかし、DAC と CCS は「CO2をどこから回収するのか」という点が明確に異なる

一般的に、CCS は発電所などから排出される CO2 を回収して地中に埋めることで、大気へ放出されることを防ぐ。一方、DAC はすでに大気にある CO2 を回収する。つまり CCS と比べて、空気中の CO2 を直接的に減らせるという特徴を持つ(*2)

なぜ Microsoft は「CO2の埋蔵」を支援しているのか?
有料記事 / テクノロジー

(*2)DACを含めた、大気からCO2を回収する技術はCDR(Carbon Dioxide Removal)と総称されることもある。

DACの現在

2022年時点で DAC を実施するプラントは世界に18拠点ある。なお、その所在地は欧州、米国、カナダに限られている。

CCS を含めた CO2 除去分野への投資額は64億ドル(約8,320億円)にのぼり、後述のように Climeworks が運営する拠点では、すでに DAC の商用稼働が始まっている。また来年末には米・テキサス州で、年間100万トンの CO2を回収・貯留する世界最大規模の DAC プラントの稼働開始も予定されている(*3)

(*3)この事業は Occidental が主導しており、Climeworks は関与していない。

Climeworks とは何か

DACの技術が注目を集めるなか、世界でもいち早くDACの商用化に成功したのがClimeworksだ。

続きを読む

この続き: 2,747文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
北海道大学大学院農学院所属。専門は農業政策の歴史・決定過程。関心領域は食料・農業政策、環境政策など。一橋大学法学部卒。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

ニュースレターを受け取る