脱炭素に関する記事


💡 最新のニュース解説

💡 ニュース解説

水素エネルギー、なぜ注目?日本の強み大きい一方、世界から批判も

有料記事 / 環境

エネルギー源としての水素に大きな注目が集まっている。日本政府は2017年に「水素基本戦略」を策定していたが、岸田政権は先月、同戦略を改定する方針を発表。2040年までの水素導入目標を引き上げ、水素サプ···

なぜEUは、エンジン車の新車販売を一転して認めたのか?日本への影響も

有料記事 / 国際

EUの自動車政策に注目が集まっている。内燃機関(エンジン)を搭載する乗用車などの新車販売を禁止する方針が、条件付きながら撤回されたためだ。EUは、2050年までの温室効果ガス排出量の実質ゼロ達成を目指···

フライトシェイムとは何か?飛行機に乗ることは「恥」なのか?

有料記事 / 環境

フライトシェイム(Flight shame)という言葉がある。これは、その名の通り「飛行機の利用を恥じる」という意味で、日本語では「飛び恥」と訳されることもある。この言葉は、2017年ごろにスウェーデ···

昆虫食とは何か?なぜ "気持ち悪い" というイメージがありつつも、注目されるのか

有料記事 / 社会

昆虫食の開発に注目が集まっている。背景にあるのは、少ない環境負荷でタンパク質を生産できることへの期待感だ。「パスコ」ブランドを展開する大手パンメーカーの敷島製パンは、コオロギパウダーを練り込んだ商品の···

政府による原発再推進、クリアすべき課題は何か?

有料記事 / 政治

政府は昨年末、将来的な電源として原子力発電を最大限活用する方針を示した。2011年の東日本大震災以降、原発再稼働などに慎重な姿勢を採ってきた日本の政策は大きな転換点を迎えている。https://www···

なぜ政府はカーボンプライシングを導入するのか?制度概要と今後の論点

有料記事 / 政治

政府は22日、関係閣僚や有識者で構成されるGX実行会議を開催し「GX実現に向けた基本方針」を示した。この内容をめぐっては原発政策の転換に大きな注目が集まっているが、それとは別にもう1つ、注目すべき日本···

なぜ政府は原発政策の大転換を決めたのか?ポイントと今後の論点は

有料記事 / 政治

日本の原発政策が、大きな転換点を迎えている。政府は22日、関係閣僚や有識者で構成されるGX実行会議を開き、将来的な電源として原子力発電を最大限活用する方針を示した。2011年の東日本大震災以来、政府は···

ブラックロックは、なぜ「攻撃」されているのか?米保守派で高まるESG投資への批判

有料記事 / 環境

世界最大の資産運用会社が、米国内で強烈な批判にさらされている。1,100兆円以上を運用する資産運用会社・Black Rock(ブラックロック)に対して、米共和党を中心とする保守派が「攻撃」を強めている···

培養肉とは何か?課題と今後の展望は

有料記事 / 環境

近く「培養肉」がレストランなどで食べられる日がやってくるかもしれない。培養肉とは、細胞培養によって作られる牛肉などの代替肉の1種で、現在世界各地で研究開発が行われている。これまで培養肉はコストや安全性···

カーボンニュートラルは、どう定義されているのか?ネットゼロとの違いは

有料記事 / 環境

「カーボンニュートラル」や「ネットゼロ」という“脱炭素キーワード”が広く語られるようになって久しい。官民そろってカーボンニュートラル目標を宣言する動きが広がるなか、脱炭素キーワードはある種の常識となり···

カーボンクレジットとは何か?注目の背景と問題点

有料記事 / 環境

2020年10月菅義偉首相(当時)は、2050年までのカーボンニュートラルの達成を目標として宣言した。それ以来、企業の間でもカーボンニュートラル達成を目指す動きが広がっている。例えば、トヨタ自動車は2···

COP27で何が決まったのか?基金設立など注目ポイント

有料記事 / 環境

エジプトのリゾート地・シャルムエルシェイクで開催されたCOP27が、11月20日に閉幕した。年に一度、世界各国の首脳や関係者が集まり、気候変動問題について議論する場がCOPだ。27回目となった今年は、···

カーボンプライシングとは何か?炭素税との違い、期待や課題は

有料記事 / 環境

カーボンプライシングの導入に向けた検討が加速している。カーボンプライシングとは、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量に応じて企業や個人に経済的な負担を求める制度だ。温室効果ガスの排出削減に経済的なイン···

牛肉は環境に悪いのか?牛肉は食べるべきではないのか?

有料記事 / 環境

「牛肉は環境に悪い」という話題を一度は耳にしたことがある方も多いだろう。反芻動物である牛は、消化の過程で胃から温室効果ガスのメタンを発生させる。これが、いわゆる「牛のゲップ」であり、気候変動への悪影響···

グリーンウォッシュとは何か?フォルクスワーゲンやBP、H&Mも批判

有料記事 / 環境

グリーンウォッシュ、という言葉がビジネスの現場でも知られはじめた。企業などが実態とは異なっているにもかかわらず、自社製品が環境に配慮したものだとアピールすることを指す語だ。環境問題への配慮が世界的に求···

EVは、本当に環境にやさしいのか?ライフサイクルアセスメント、エネルギーの脱炭素、レアメタルなど各種論点も

有料記事 / 環境

2021年1月、国会の施政方針演説で菅義偉首相(当時)は、脱炭素社会の実現に向けて「2035年までに新車販売で電動車100%」を目指す方針を表明した。同年6月には、トラックなどの商用車の新車販売でも、···

公正な移行とは何であり、どのように実現されているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

世界的にカーボンニュートラルに向けた動きが加速する一方、ウクライナ侵攻を受けて各国がエネルギー調達の脱ロシア依存を進めている。ただし短期的には、石炭火力発電への揺り戻しは避けられず、世界の脱炭素は停滞···

再エネ賦課金とはなにか?なぜ電気代に加算され、高騰し続けているのか?

有料記事 / 環境

昨年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を正味ゼロにするカーボンニュートラルを宣言した。2015年に採択されたパリ協定のもと、日本だけでなく120以上の国・地域が、2050年前後までにカー···

カーボンニュートラルとは何か?(後編)オフセットへの批判

有料記事 / 環境

前編で見たように、カーボンニュートラルはいまや世界的な潮流となっている。しかし同時に、批判的な見解も数多く存在しており、温暖化懐疑論者に限らず、批判も集めている。一体、なぜだろうか?そもそも測定可能?···

カーボンニュートラルとは何か?(前編)日本、2050年までの脱炭素社会を宣言

有料記事 / 環境

2020年10月26日、菅首相は所信表明演説をおこない「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した。カーボ···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
編集長 / 早稲田大学招聘講師
シニアリサーチャー
リサーチャー
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま