Facebook、サブスクリプション機能を計画中。クリエイターエコノミーに熱い視線

公開日 2021/04/10 13:09,

更新日 2021/04/10 19:18

有料記事 / テクノロジー

  • 目次
  • サブスクを強化するFacebook
  • 盛り上がるクリエイターエコノミー 有料
  • メディアや大手サービスも広告から脱却 有料
  • ジャーナリストも独立へ 有料

今年3月、Facebookがクリエイター向けのコンテンツ・プラットフォームを計画していることが報じられた。現在、その機能に名前はないものの、少数のライターやジャーナリストに向けてテストされている。

Facebookは、今年1月にニュースレター機能を開発中であることも報じられており、いずれも同社のジャーナリスト支援プロジェクト「Facebook Journalism Project」の一環に位置づけられる予定だ。

FacebookだけでなくMediumやLinkedin、Twitterなど大手サービスは、ライターやジャーナリスト、クリエイターによる有料コンテンツを支援する機能やサービスに続々と力を入れている。背景には、クリエイターエコノミーと呼ばれる動きがある。

何が起きているのだろうか?

サブスクを強化するFacebook

米メディアAxiosによれば、開発中のコンテンツ・プラットフォームはFacebookページと連携される予定だ。テキストだけでなく写真や動画、ライブ配信など様々な形のコンテンツを公開することが可能となり、これらのコンテンツはサブスクリプション(有料課金)によって収益化できるモデルとなる。またFacebookグループを通じて、読者とのエンゲージメントを強化する機能も予定されている。

実はFacebookがサブスクリプション機能を導入するのは初めてではない。2018年にもサブスクリプションの導入テストをおこない、Facebook for Creatorsというサイトも公開されている。

これらは子育てや料理、ゲームなどのコミュニティ(Facebookグループ)への課金であり、有料でファンとコミュニケーションが取れるSNSのPatreonに対抗したものと見られていた。今回の機能は、グループではなくクリエイター個人のコンテンツに対する課金となるため厳密には異なる機能だが、数年前からFacebookがサブスクリプションに目を向けていたことは間違いない。

ジャーナリズムへの支援

今回の機能はエンタメやライフスタイルの分野ではなく、ニッチなカテゴリーや特出した専門分野、地元のニュースなどについて、優れたコンテンツを作り出すジャーナリストやクリエイターへの支援という色合いが強い。

報道機関から広告費を奪ってコンテンツに「タダ乗り」しているという批判や、フェイクニュースを蔓延させたという非難を受けているFacebookは、2016年頃からジャーナリズムへの支援を強化している。前述した「Facebook Journalism Project」は2017年に立ち上げられ、これまでに約6億ドル、向こう3年間で10億ドルを拠出する予定となっている。

最近では新型コロナウイルスの影響で広告収入が激減したローカル・メディアへの支援や、「Facebook News」機能を通じた報道機関への収益還元などもおこなっており、ジャーナリズムへの友好的な姿勢をアピールしている。ただし、豪州では法案を巡ってFacebook上でのニュースを排除するなど(後に撤回)強硬姿勢も辞さず、Facebookが本当にジャーナリズムの味方であるかは懐疑的な声も強い。

このようにFacebookとジャーナリズムは、一定の距離感を保ってきた。今回の新機能も単なる「Facebookによるジャーナリズムへの支援」という文脈ではなく、クリエイターエコノミーの盛り上がりという背景がある。

続きを読む

この続き: 3,339文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、メンバーシップの参加か単品購入が必要です。持続可能で良質なメディアをつくるため、ぜひメンバーシップにご参加ください。(メンバーシップを詳しく

スタンダード・メンバー

すべての有料記事が楽しめるプランです。10日間無料で、いつでも簡単に解約できます。

初回10日間無料・月額980円(税込)

スタンダード・メンバーに参加

プレミアム・メンバー

有料記事以外にも、編集部のSlackや定期開催のイベントに無料参加できます。

月額3,200円(税込)

プレミアム・メンバーに参加

または、記事を単体購入する

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
The HEADLINE編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
リサーチャー
The HEADLINEリサーチャー。立教大学文学部文学科文芸思想専修所属。関心領域は文学、西洋哲学、人権・LGBTQ問題など。
投げ銭でサポートする

本記事が気に入ったら、投げ銭でサポートできます。ログインなしで、応援コメントも可能です。

¥10,000 - 加藤さん

いつも記事拝見しています!頑張ってください!

インターセクショナリティとは何か?

これまでのサポート一覧
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事