日本を攻撃したロシアのハッカー集団、キルネットとは何者か

公開日 2022年09月08日 18:50,

更新日 2022年09月09日 04:19,

有料記事 / テクノロジー

ロシアのウクライナ侵攻を支持するハッカー集団「キルネット(Killnet)」が6日夕方、日本へのサイバー攻撃をおこない、日本政府のポータルサイトや民間企業のサービスの一部が、一時的に繋がりにくい状態に陥った

キルネットは、チャットアプリ・Telegram上で犯行声明を投稿しており、日本がウクライナを支援する一方で、ロシアに制裁を科していることを理由に、国内の企業や行政機関を標的にしたと見られる。


キルネットによる犯行声明の投稿

キルネットが攻撃したと発表しているサービス・ウェブサイトは次のとおりだ。

現時点で大規模な情報流出などは確認されておらず、被害は一時的な接続障害にとどまった模様だ。しかし、被害から1日以上が経過した8日午前時点でも、一部サイトでは接続が復旧していない状況が続いており民間企業や行政機関の活動に大きな影響が出ている

さらにキルネットは、Telegram上で「最も重要な日本のeサービスをコメントに投げてください」と投稿して、新たな攻撃対象も募集しており、重要なインフラや国家の安全保障の脅威として、今後の動きも懸念される。

キルネットとは、そもそもどのような組織であり、このような脅威に対して国家や企業はどのように向き合うべきなのだろうか?

「キルネット」とは

キルネットは、2022年3月頃に結成された親ロシア派のハッカー集団だ。

続きを読む

この続き: 3,364文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
シニア・エディター
早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社マイナースタジオの立ち上げに参画し、同社を売却。その後、The HEADLINEの立ち上げに従事。関心領域はテックと倫理、政治思想、東南アジアの政治経済。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事