米・中間選挙、民主党が予想外の健闘 = 何が起こった?

公開日 2022年11月11日 22:45,

更新日 2022年11月11日 22:48,

有料記事 / アメリカ(北米)

8日におこなわれた米・中間選挙は、現在も開票作業が続いている。下院は当初から優勢が予想されていた共和党がリードを見せているものの、拮抗が予想された上院では、苦境が予想されていた民主党が踏み留まる動きを見せた。

中間選挙では、一般的に与党(大統領の政党、今回であれば民主党)が議席を減らす傾向にあるものの、今回は民主党の「健闘」や「予想外の勝利」と報じられている。過去のオバマ政権(2010年、63議席減)やトランプ政権(2018年、40議席減)が中間選挙で失った議席と比較しても、バイデン政権の健闘は目立っている。

一体、なにが起こっているのだろうか?

米中間選挙とは?

4年に1度おこなわれる大統領選挙(前回は2020年、次回は2024年秋)の中間時期に行われる中間選挙は、向こう2年間の米国政治の行く末を占うことから、重要視されている。

現在の与党・民主党が上下両院いずれかの過半数を失った場合でも、政治的な膠着が予想されているため、今後の米国政治・経済のみならず、ウクライナ侵攻や中国・台湾問題、エネルギー危機など世界的な政治への影響が予想される。

何がおこなわれる?

中間選挙は、連邦議会と州議会、州知事それぞれの選挙がおこなわれる。バイデン大統領が候補者になるわけではないが、その過去2年間の政権運営が評価される側面も強い。

続きを読む

この続き: 6,004文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。日テレ系『スッキリ』月曜日コメンテーターの他、Abema TV『ABEMAヒルズ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。わかりやすいニュース解説者として好評。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事