経済に関するその他のニュース

広がるデジタル地域通貨=大手行も参入、活性化支援―金融機関
有料記事 / 経済
特定の地域のみに流通する「デジタル地域通貨」を発行する動きが、金融機関に広がっている。地元のキャッシュレス化や経済活性化を支援するとともに、地域との連携を深めてビジネス機会を探る。メガバンクのみ...
来月1日、「厳密な期限」=債務上限問題で―米財務長官
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】イエレン米財務長官は21日、NBCテレビのインタビューで、連邦政府の借入限度額である「債務上限」を議会が速やかに引き上げなければ、早ければ来月1日にも政府の支払いが滞る可能性が...
債務上限、野党案を拒否=不履行「選択肢にない」―米大統領
有料記事 / 経済
バイデン米大統領は21日、先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)閉幕後に広島市内で記者会見し、連邦政府の債務上限引き上げ問題を巡り「(野党共和党の)提案の大半は受け入れられない」と批判した。ただ...
G7、経済安保に軸足=米主導で再結束―広島サミット
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)は、対中国を念頭に置いた経済安全保障に関する首脳声明を初めて発表し、「グローバルサウス」と呼ばれる新興国や途上国を巻き込んで国際経済秩序を...
温室ガス「35年60%減」=化石燃料、段階的廃止―G7首脳声明
有料記事 / 経済
先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)は20日公表した首脳声明で、世界の温室効果ガス排出量を「2035年までに19年比で60%削減することの緊急性が高まっている」と強調した。産業革命前からの気温...
G7、対ロ輸出制裁を厳格化=「重要品目すべて」―首脳声明
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)は首脳声明に、ウクライナに戦争を仕掛けたロシアへの輸出制限措置を「侵略に重要なすべての品目」に拡大すると明記した。中国やインドなど第三国を...
繰り返されたずさんな銀行経営=高額報酬、リスク追求招く―米
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】米欧での金融不安の端緒となった米中堅銀行シリコンバレー銀行(SVB)の経営破綻を巡り、同行の業績と連動した高額報酬が過度なリスク追求を招き、ショックに対して脆弱(ぜいじゃく)に...
セブン&アイ、社長続投が焦点=退任迫る物言う株主―25日に株主総会
有料記事 / 経済
セブン&アイ・ホールディングスが25日、東京都内で定時株主総会を開く。主力のコンビニ事業セブン―イレブンの在り方を巡り経営陣と「物言う株主」が対立し、委任状争奪戦を展開。総会では井阪隆一社長続投...
「債務上限」協議、再び暗雲=野党共和党が交渉一時離脱―米
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】米連邦政府の借入限度額である「債務上限」問題を巡るバイデン政権と野党共和党の協議で、共和党が19日、交渉を一時離脱した。同日夜に再開したが、歳出削減規模に関して双方の主張に隔た...
6月の利上げ停止に含み=融資厳格化で―米FRB議長
有料記事 / 経済
【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は19日の会合で、相次ぐ国内銀行の破綻による金融機関の融資条件の厳格化が成長や雇用を下押しする可能性を踏まえれば、「政策金利をさほど...
ダイハツ試験不正、国内に拡大=ロッキーとライズのHV
有料記事 / 経済
ダイハツ工業は19日、小型SUV(スポーツ用多目的車)「ロッキー」のハイブリッド車(HV)モデルについて、側面衝突試験の認証手続きで不正が判明したと発表した。同日、出荷・販売を停止した。海外向け...
東京株、バブル後高値更新=3万0808円、33年ぶり水準
有料記事 / 経済
19日の東京株式市場は、為替の円安などが好感され、大型株を中心に買いが入った。日経平均株価は前日比234円42銭高の3万0808円35銭と7営業日続伸して終了。2021年9月に付けたバブル崩壊後...
電力7社の値上げ認可=6月、15~40%―経産省
有料記事 / 経済
経済産業省は19日、東京電力など電力大手7社が申請した家庭向け規制料金の値上げを認可したと発表した。6月1日から実施し、値上げ幅は平均15~43%となる。
大手賃上げ率3.91%=23年春闘、30年ぶり水準―経団連
有料記事 / 経済
経団連は19日、大手企業の2023年春闘の回答・妥結状況(第1回集計、15業種92社)を公表した。定期昇給を含む月例賃金の引き上げ率は3.91%(1万3110円)と、前年(2.27%、7430円...
東京株、3万0892円=33年ぶり、バブル後最高値
有料記事 / 経済
19日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前日比318円54銭高の3万0892円47銭で取引を終えた。2021年9月に付けたバブル崩壊後の最高値を上回り、1990年以来33年ぶりの高値水準。為替...
4月消費者物価、3.4%上昇=食品値上げで伸び率拡大―総務省
有料記事 / 経済
総務省が19日発表した4月の全国消費者物価指数(2020年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が104.8と、前年同月比3.4%上昇した。プラスは20カ月連続で、3カ月ぶりに伸び...
インフラ復興で「新幹線」=日本の技術に期待―駐日ウクライナ大使
有料記事 / 経済
ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使は18日までに、ロシアの侵攻で破壊されたウクライナの鉄道インフラ復興に際し、日本の「新幹線」のような高速鉄道の整備を検討していると明らかにした。日本政...
米マイクロン、5000億円投資=海外半導体、相次ぎ計画表明―岸田首相、会合で呼び掛け
有料記事 / 経済
岸田文雄首相は18日、海外の大手半導体メーカーの幹部を首相官邸に招き、日本国内への積極投資を呼び掛けた。会合では、米マイクロン・テクノロジーが次世代半導体メモリーの開発・製造に最大5000億円投...
東京株、一時500円高=米国株高、円安を好感
有料記事 / 経済
18日午前の東京株式市場は、米国株高や外国為替市場の円安進行が好感され、前日に続き大型株を中心に買われた。日経平均株価は上げ幅が一時500円を超え、今年の高値圏で推移した。午前の終値は前日比44...
貿易赤字4324億円に半減=先行き不透明、再拡大リスク拭えず
有料記事 / 経済
財務省が18日発表した4月の貿易統計速報によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の赤字額は4324億円となり、前年同月の半分に縮小した。原油や液化天然ガス(LNG)などの資源価格高騰が落ち...

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

✍🏻 著者
リサーチャー
リサーチャー
シニアリサーチャー
エディンバラ大学修士課程
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま