Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

テック, メディア

公開日 2020/01/29 16:21,

更新日 2020/01/29 19:03

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。

Uber Eatsはインドなど国外市場で撤退を余儀なくされ、米国内ではGoogleの動向も注視せざるを得ない。

インド事業の売却

今年1月21日、Uberはインドにおいて飲食宅配サービスUber Eatsをライバル社Zomatoに売却することを発表した。引き換えに彼らは、Zomato株の9.99%を所有する。

この売却によってUber Eatsの従業員が解雇されるかは不明だが、すべての配達員と電話番号や注文履歴などの顧客情報はZomatoに引き継がれる。また同アプリでは向こう6ヶ月間、インド人利用者が飲食宅配のボタンを押すとZomatoに転送される。

利益捻出という投資家からの要望に応えるため、Uberは2019年の大半を経費および従業員の削減に費やした。ギグ・エコノミーへの風当たりが強く、成長に失望感が広がっている配車部門に比べ、Uber Eatsは成長が期待されていたが、世界各地で激しい競争に直面している。彼らは新規ユーザーを獲得するため、補助金やキャンペーン費用に多額の資金を燃やし続けている。

結果として、ロシアや中国、東南アジアなどで撤退が続いており、インドは最新の事例となった。

Uberが得たもの

Uber Eatsのインド事業をZomatoに売却することで、Uberは損失を抑えると同時に35.5億ドル相当のスタートアップに出資することができた。

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円から)に参加していただく必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、良かったら下記のリンクよりメンバーシップ制度についてご覧ください。(すぐに課金されることはないのでご安心ください

メンバーシップについて知る

すでに会員の方は、こちらからログインしてください。

ログインする
著者
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健