なぜ台風の頻発化・強力化が懸念されているのか?地球温暖化によりスーパー台風が増加?

公開日 2022年09月20日 17:51,

更新日 2022年09月20日 22:10,

有料記事 / 災害・気象

気象庁によって「これまでに経験したことのない台風」と称された台風14号が、列島を縦断した。現時点で、宮崎県で2人が亡くなった他、少なくとも130人の怪我が報告されている。近年だけでも、2020年の台風10号や2019年の台風19号など、台風がもたらした被害は数多くある

こうした中、専門家によって議論されているのが台風の頻発化と強力化だ。国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は、台風を含めた強い熱帯低気圧(*1)の割合やピーク時の風速が増加する可能性を指摘しており、日本にとっても懸念すべき事態となっている。

台風の頻発化・強力化をめぐって、どのような議論がおこなわれているのだろうか?

(*1)ただし IPCC の報告書では、熱帯低気圧として記載。北西太平洋(赤道より北、東経180度より西)および南シナ海に存在し、最大風速が約17m/s 以上になった熱帯低気圧を台風と呼ぶ。本記事では便宜上、台風として表記を統一しつつ、必要があれば熱帯低気圧としてカテゴリと共に示す。

台風の大きさと強さ

まず台風の大きさと強さについて、基本的な前提を確認しておく。

続きを読む

この続き: 4,205文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。日テレ系『スッキリ』月曜日コメンテーターの他、Abema TV『ABEMAヒルズ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。わかりやすいニュース解説者として好評。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事