中国経済、「日本化」を回避か?各種指標に改善傾向も、不確実性への懸念も

公開日 2023年09月26日 16:33,

更新日 2023年09月26日 20:14

データ分析企業 World Economics による最新の調査によれば、中国経済は「日本化」を回避したかもしれない。

同国については、消費者物価指数(CPI)をはじめとした各種指標の下落によってデフレ圧力が示唆されており、「バランスシート不況」や「日本化(Japanification)」とも呼ばれる、長期的な経済低迷を懸念する声が高まっていた。

▼ 関連記事
なぜ中国経済の「日本化」が、世界から懸念されているのか?

しかし今回の調査によれば、同国における全部門の売上高成長指数(Sales Growth Index)は 53.1 に回復した他、9月の物価指数(Price Index)は 50.9 となった。中でもサービス部門の伸びは顕著で、同部門の物価指数は 53.2 となっている。こうした結果を踏まえて、同社は「中国のデフレが、日本型の超低成長あるいはマイナス成長時代の到来をもたらすという懸念は、誇張されている」としつつ、中国経済は「大幅に回復する」だろうと示唆した。

また Bloomberg は同調査について、中国が「最悪の状況を脱した可能性を示す、さらなる証拠」だと述べている。

先日、中国国家統計局によって発表された8月の鉱工業生産と小売売上高は、それぞれ 4.5% と 4.6% の成長となっており、いずれも市場予想を上回った。市場は「需要と消費の回復の兆し」と受け止めており、こうした一連のデータは、停滞から脱したことを示唆しているかもしれない。

しかし全体的に、中国経済には不確実性が残っているという見方も強く、国内需要の低迷と不動産セクターの苦境によって、同国の「経済的苦境はさらに深刻化している」という指摘もある。中国共産党は、自国経済の「日本化」という主張に強く反論しており、最近でも China Daily(中国日报)紙が「1990 年代の日本経済と現在の中国経済の類似点が、しばしば誇張されがち」だとする論考を掲載した。

今年に入ってから中国は、不動産最大手・碧桂園(Country Garden)の債務危機など、同国経済を牽引してきた不動産バブルの崩壊が、地方政府の債務問題に波及している他、人民元安にも直面している。また、日本を上回るスピードで進んでいく少子高齢化によって、構造的な脆弱性が顕在化することも懸念されている。

▼ 関連記事
共同富裕とは何か?中国で立て続けに進むゲームやアイドル、テック企業への規制

Thumbnail : Shanghai, China, Javier Quiroga on Unsplash

🎀 おすすめの記事

AI で Google 検索はどう変わるのか?囁かれ始めた Google Zero の世界

有料記事 / テクノロジー

2024年5月14日(現地時間)、Google が新たな検索サービス・AI Overviews を発表した。14日の基調講演。AI Overview については動画の43:00あたりから説明されている···

なぜ OpenAI の安全性をめぐり懸念?安全重視のカルチャーがドミノ倒しに解体

有料記事 / テクノロジー

2024年5月14日(現地時間)、OpenAI 共同創業者で主任研究員だったイリヤ・サツケヴァー氏が同社を去った。同氏は、2023年7月に OpenAI 内部に結成されたスーパーアライメント・チームで···

シリコンバレーと中東は、なぜ再接近しているのか?マネーかモラルか、AI と米中冷戦で思惑

有料記事 / テクノロジー

シリコンバレーと中東が、関係を深めている。2023年から2024年の初頭にかけて、OpenAI のサム・アルトマンCEO は中東を歴訪し、AI のトレーニングに必要なインフラ投資のため、資金調達交渉を···

カカオ価格が歴史的な高騰、その理由は?= 天候不順だけではない要因

有料記事 / 経済

2024年3月26日(現地時間)、カカオの価格が史上初めて、1トンあたり1万ドル(約150万円)を超えた。今年に入って 138% ほど価格が上昇しており、その上がり方は Nvidia 株の動きとほぼ同···

新 NISA 開始から1ヶ月半、誰がどのくらい参加? = 日本円流出で円安助長論も

有料記事 / 経済

新 NISA(少額投資非課税制度)が開始してからおよそ1ヶ月半が経過し、最初の1ヶ月の利用状況などに関する集計データが公開され始めた。全世界株や米国株が人気銘柄となっている一方、そのあまりの人気ぶりか···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

メンバーシップで支援する

The HEADLINE は、有料メンバーシップの皆様からの支援で成り立っています。いますぐ無料トライアル(10日間、その後月額980円)に参加して、500本以上の解説記事をご覧ください。