なぜ大規模デモが起こるのか?ベラルーシとタイの政治的背景

政治・国際関係

公開日 2020/08/17 09:33,

更新日 2020/08/17 09:54

有料記事

東欧と東南アジアにある2つの国での大規模デモが、世界的に注目を集めている。

ベラルーシでは、ルカシェンコ大統領が6選を決めた2020年8月9日の大統領選に対して、不正疑惑から選挙のやり直しを求める大規模なデモが起こっている。首都ミンスクのデモ参加者は数万人から20万人とされており、かねてより不正選挙が疑われてきたルカシェンコは就任以降最大の抗議に直面している。このデモに対して政権は強硬な姿勢をとっており、参加者のうち6700人以上が逮捕や拘留中の拷問を受け、数百人の死傷者も出ていることから、警察の暴力的な取締りが問題視されている。

タイでは、2019年の民政移管後も軍政出身のプラユット首相が政権の座にとどまることを批判し、大規模なデモが起こっている。このデモは①議会の解散、②市民への脅迫の中止、③新憲法という3つの要求のもとにおこなわれており、特に新型コロナウィルス対策の中で、VIPを隔離措置なしに入国させる特別待遇が国内の感染を招いたとして問題視されている。また、日本のアニメ『とっとこハム太郎』の主題歌を替え歌したり、ハリウッド映画『ハンガーゲーム』の敬礼を用いたりして政府デモをおこなうなど、抗議手法のユニークさでも注目を集めている。

なぜベラルーシとタイという、東欧と東南アジアの異なる地域で、ほぼ同時期にこうした大規模なデモが起こっているのだろうか。

ベラルーシ:「最後の独裁者」と国際関係

そもそも、ベラルーシはどのような国なのだろうか。ベラルーシは、旧ソ連加盟国の中では国民一人当たりのGDPがロシアやカザフスタンに次いで高く、同じく旧ソ連に属していたウクライナの2倍を誇る。また、より発展しているロシアと比べても、不平等の尺度であるジニ係数が圧倒的に低いなど、貧富格差の少ない経済発展を遂げてきた。これは統制価格や国営企業の導入といった社会主義政策の成果であり、「ベラルーシモデル」とも言われる。しかし、近年ではIT産業こそ活況を呈するものの基幹産業とは言い難く、またエネルギー面の依存先であるロシアに原油輸入をめぐって揺さぶられやすい状況が続いている。

また旧ソ連加盟国ゆえに、政治面でもロシアとの関わりは根深いものとなっている。ルカシェンコは1994年に初当選して以来、ベラルーシとロシアによる連合国家創設を主張してきた。1999年には「ベラルーシ・ロシア連合国家創設条約」に基づき、両国の統合のステップを具体的に示してきた。しかしプーチン政権以降、ロシアは事実上の吸収併合を示唆しており、ルカシェンコがこれに反発しているため、連合国家の構想は行き詰まったままとなっている。一方で、2000年のユーラシア経済共同体やその後身である2014年のユーラシア経済連合に参加するなど、ロシアを中心とする日欧米諸国との連帯を強めようともしている。

こうしたロシアとの政治・経済的関係がある中で、今回のデモに関しても、NATOの介入を理由にロシアがベラルーシに干渉する可能性が出てきている。ジョージアやキルギスタン、ウクライナといった旧ソ連に属していた国々の親露政権が打倒されてきた中で、上述の連合国家創設条約を結ぶなど、ロシアと友好的なベラルーシの体制が変化することを嫌った動きと見られている。しかし、プーチン政権によるベラルーシの実質的な吸収併合に反発してきたルカシェンコは、デモの鎮圧に向けてロシアの助力は欲しいものの、政治的な干渉を避けたいと考えており、両国の関係におけるルカシェンコの立場はますます不安定さを増している。

ベラルーシ国内におけるルカシェンコは、旧ソ連加盟国で最も長い在任期間をほこり、「最後の独裁者」とあだ名されるなど、権威主義的な弾圧で知られてきた。2020年の大統領選ではライバル候補や活動家、メディアなどを逮捕・拘束して排除し、彼の国際的に不安定な立場からか、抗議活動をロシアやEU、あるいはアメリカなどの陰謀とすらみなしている

ベラルーシにおけるデモの背景

こうした長期的かつ強権的なルカシェンコ政権に、なぜ今人々は抗議の声をあげたのだろうか。

続きを読む

この続き: 2,374文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
おすすめの記事

政治・国際関係

モーリシャス沖「わかしお」座礁事故から2ヶ月:その後の経緯は

有料記事

貨物船「わかしお」が今年7月、モーリシャス沖で座礁して石油流出事故を起こした。インド洋の島国モーリシャスは、真っ白な砂浜と透き通った海に囲まれた世界でも有数の観光地だ。周辺にはサンゴ礁やマングローブ林···

社会

宗教はパンデミック下の世界とどう向き合っているのか?

有料記事

2020年11月のアメリカ大統領選において、宗教は重要なファクターとなっている。ドナルド・トランプ大統領など共和党保守層の支持基盤として知られる福音派だけでなく、ジョー・バイデン個人のカトリックとして···

政治・国際関係

衝撃の「フィンセン文書」とは何か?東京五輪も関与、日本の金融機関の名前も

有料記事

英・香港上海銀行(HSBC)や米・JPモルガンなど世界の大手金融機関が、不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)を黙認していたことを示す「フィンセン文書(the FinCEN Files)」が、世界中···

政治・国際関係

地球温暖化は山火事のリスクを増加させるのか?

有料記事

米国西部で大規模な山火事が発生している。今年の8月から9月にかけて、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなどで多くの山火事が発生し、街中がオレンジに染まる様子がインターネット上で拡散されるなど、世界的···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···