地球温暖化は山火事のリスクを増加させるのか?

政治・国際関係

公開日 2020/09/18 17:39,

更新日 2020/09/20 16:07

有料記事

米国西部で大規模な山火事が発生している。今年の8月から9月にかけて、カリフォルニア、オレゴン、ワシントンなどで多くの山火事が発生し、街中がオレンジに染まる様子がインターネット上で拡散されるなど、世界的な注目を集めた。

これまでに東京都の約10倍の面積に当たる約2万平方km近くが焼失し、死者35人、行方不明者も数十人に上るなど、被害は史上最悪の規模となっている。これを受けてアメリカのドナルド・トランプ大統領は14日、カリフォルニア州を訪れ、山火事に対応する危機管理当局幹部と面会した。

米西海岸各地の当局者からは、大規模な山火事の発生について地球温暖化の影響を懸念する声が相次ぐ。しかし、地球温暖化に懐疑的なトランプ氏は「そのうち涼しくなる」と述べ、その見方を否定。火災予防のための枯れ枝除去など森林管理の重要性のみを強調した。これに対して、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)は、温暖化や乾燥といった気候変動が山火事の一因との見方を示しており、同日の演説でトランプ氏を「気候放火犯」と表現して批判している

近年、世界各地で前例のない大規模な山火事が発生している。今年は米国西部の他にも、オーストラリアで記録上最大の山火事が発生してポルトガルの国土を上回る面積が焼失しており、北極圏アマゾン中国・四川省でも異常に激しい火災が発生している。また、昨年はアマゾンで記録上3番目に大きな火災があり、インドネシア・スマトラ島北米シベリアなどでも猛烈な火災が起きた。

世界気象機関(WMO)は今年1月15日に、2019年の世界の平均気温について、観測史上2番目に高かったと発表した。2010年から2019年までの10年間の平均気温は、観測史上最も暑かったという。このように地球の平均気温が近年上昇しているのは事実だが、バイデン氏が述べるように気候変動は山火事のリスクに影響しているのだろうか。そして、山火事のリスクは将来的にどのように変化していくのだろうか。

山火事はいつ、どこで、なぜ発生しているのか?

山火事は世界中で頻繁に発生している災害だ。放牧地、森林、草原、泥炭地など、自然の土地で発生する火災のことを指す。具体的に山火事の発生原因、発生時期や地域を見ていこう。

山火事の発生原因は人為的原因と自然原因の2つに分けられる。人為的原因として多いのは焚き火や火入れ(焼畑農業)、タバコ、放火など。自然原因としては主に落雷によって発生するものが多い。発生原因の内訳は、人為的原因によるものが世界的に見ても多く、全体の96%を占める。自然原因で発生する山火事は4%と推定されている。しかし、この割合は地域によって大きく異なっていて、例えば日本では森林火災のほとんどは人為的要因であると報告されているが、米国では山火事の16%が自然原因によって発生しており、カナダでは55%もの山火事が雷を原因としている。

山火事の発生時期も地域によって大きく異なる。これは雨が多い時期と乾燥する時期が地域によって変わるからだ。北米、アマゾン、アフリカ南部、オーストラリアの一部では、8月頃から11月下旬にかけて火災が増加する傾向にある。そして、これらの時期はアフリカ南部やアマゾンでは乾季の最盛期と重なる。対照的に、中央アフリカや東南アジアの一部では、12月から3月にかけて火災の大半が発生する。これは、赤道の北に位置するアフリカのサヘル地域の乾季のピークと重なっている。

火災の発生時期や発生場所は、エルニーニョなどの世界の主要な気候システムにも影響される。特に近年では東南アジアの火災がエルニーニョの影響を受けていると指摘されている。エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域東部の海面水温が平年より高くなる現象のことで、通常時はより暖かい太平洋西部に発生する積乱雲の発生位置を、東側に移動させる効果がある。そのため、強いエルニーニョは太平洋西部の地域に暑くて乾燥した天候をもたらす。

2015-16年には、強いエルニーニョ現象が発生し、東南アジアに干ばつを引き起こした。これによってインドネシアの山火事は急増し、ブラジルの年間総排出量と同規模の温室効果ガスの放出が起きた。気候変動は極端なエルニーニョ現象の頻度を増加させることが報告されており、干ばつの激化を通して山火事のリスクを高めていると言える。

地球温暖化は山火事のリスクにどのような影響を与えているのか?

エルニーニョ現象の例のように、地球温暖化は直接的・間接的に山火事のリスクを増加させているというのが研究者たちの一般的なコンセンサスとなっている

その理由は、地球温暖化によって大規模な山火事が発生しやすいとされている特定の気候条件にあたる気象が増えていることと、実際の山火事において地球温暖化が大きな要因であると結論づけられるデータがそろってきていることの2つだ。

地球温暖化は山火事が起こりやすい気候条件をもたらす

続きを読む

この続き: 2,264文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社マイナースタジオの立ち上げに参画。関心領域は、政治思想や東南アジアの政治経済など。Twitter : @akabaneshuta
おすすめの記事

政治・国際関係

規制か合法か?大麻の論点を辿る(2)賛成派と反対派の主張を追う

有料記事

大麻の合法化や非犯罪化、非刑罰化といった解禁動向は広がりを見せつつあるものの、依然として国際的な足並みは揃っていない。では、具体的な大麻合法化の賛否に関する議論はどのようになされており、論点はどのよう···

社会問題・人権・環境

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

政治・国際関係

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

政治・国際関係

アメリカ合衆国最高裁判事、なぜ政治的に重要なのか?

有料記事

2020年9月18日、アメリカ合衆国最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が87歳で死去したことを受け、後任人事をめぐる共和党と民主党の激論が続いている。女性2人目の最高裁判事で、「RGB」の···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

社会問題・人権・環境

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···