規制か合法か?大麻の論点を辿る(4)大麻合法化の経済効果はどれほどか

公開日 2020/12/16 18:30,

更新日 2020/12/16 18:31

有料記事 / 社会問題・人権・環境

11月8日、米大統領選における民主党・バイデン前副大統領の勝利が確実となったことで、米国内外に大きな影響を与えると見られているが、その影響は大麻業界にも及んでいる。

バイデン氏の勝利により、大麻関連企業の株価は10〜20%上昇したのだ。民主党政権下での州レベル、そして連邦レベルでの合法化で市場が拡大する期待感が高まったことが、その理由とされている

米大統領選と前後して、ニュージャージー州、サウスダコタ州、モンタナ州、アリゾナ州の4州で娯楽用大麻の、ミシシッピ州で医療用大麻の合法化が、各州内の投票で可決されたこともあり、他の州も相次いで大麻解禁に向かうドミノ効果によって、国内市場の拡大するという見方もある。

連邦法レベルでの合法化も、民主党陣営の勝利で現実味を帯びてきている。

副大統領となったカマラ・ハリスは2019年、規制物質法から大麻を除外し、連邦法に基づく刑事罰を撤廃する法案(MORE法)を共同で提唱していた。MORE法には、犯罪歴の抹消を促進し、犯罪対策や社会改革に資金を提供するために大麻製品に5%の税金を課すことや、マリファナの使用を理由にした連邦政府レベルでの不利益をなくすことが織り込まれている。この法案の決議は延期されていたものの、政権を獲得したことで審議の再会が見込まれる。

犯罪抑止効果については議論の余地があるものの、社会正義の改革は連邦レベルと州レベルの両方で、合法化の重要な論点となっている。

しかし、社会正義だけでなく経済的な側面も、大麻合法化にとって重要な論点だ。具体的に言えば、合法化による税収増加と、新規産業による雇用創出への効果が期待されている。

では、大麻合法化による経済効果は実際どのようになっているのだろうか

大麻市場の概況

そもそも、大麻市場はどの程度の経済規模なのだろうか。

結論から言えば、大麻市場は大規模かつ成長市場である。2019年時点でのアメリカの合法大麻市場の全体的な売り上げは、前年比32%の成長で136億ドルにのぼり、2025年には医療用・娯楽用をあわせて300億ドルまで上昇すると予測されている。

これに合わせて、2018年には推定643億ドルを売り上げたとされるアメリカの違法大麻市場は2025年には70億ドル近く縮小すると見られている。

また、アメリカの市場調査会社Arcviewによるレポートでは、世界の合法大麻産業の収益は2020年にさらに38%増加して204億ドルになると予測され、売上高は2025年に468億ドルに達すると見込まれている。このように、大麻市場はアメリカ国内だけで違法市場を含めて現状約8兆円の市場規模を持ち、世界的に見ても成長中である。

また、大麻製品の国際的な輸出入取引も、まだ大麻が合法化されていない国々を含めて増加している。大麻オイルは、2019年に輸出入額が約31億ドルとなっており、2015年以来全世界で38.6%の成長を見せている。日本が1億5580万ドルで第5位の輸入国となるなど、大麻使用が禁止されている国でも商機があり、今後合法化される国が増えれば、よりさまざまな商品が取引される可能性がある。

一方で、大麻の価格は国によって大きく異なっている。

続きを読む

この続き: 3,124文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

この記事の特集

規制か合法か?大麻の論点を辿る

SNSでおすすめする
著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

1月21日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、最近ダイエットをしている編集長の石田です。ちょっと痩せてきた気がしますが、引き続きやっていきます。では、今日もやっていきます〜!1. 河井案里参院議員に有罪判決 東京地裁 確定すれば当選無···

1月20日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、編集長の石田です。今日もやっていきます〜!1. Biden Inaugurated as the 46th President Amid a Cascade of Crises(The N···

電気代、10倍のリスクも。なぜ電気が不足、料金が高騰しているのか?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

年明けから全国的な電力需要の逼迫が生じており、危機感が強まっている。東京電力ホールディングス株式会社らが、今月10日と12日の2回に渡って照明や電気機器の使用を控えるなど「電気の効率的な使用」を求めた···

なぜコロナ禍以降、アジアへの差別が強まっているのか?「中国ウイルス」から黄禍論

有料記事 / 社会問題・人権・環境

コロナ禍に見舞われた2020年から2021年、あるゲームが物議を醸している。『サイバーパンク2077』は、キアヌ・リーヴスが登場キャラとして参加するなど、600億ドルを超えるゲーム市場に向けた期待の新···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···