NYT初の女性コピーエディター、ベッツィー・ウェイド氏死去。その功績とジャーナリズムのジェンダー格差

公開日 2021/01/07 17:33,

更新日 2021/01/14 10:26

有料記事 / 社会問題・人権・環境

2020年12月3日、The New York Times 紙で女性初のコピーエディターを務めたベッツィー・ウェイド氏が、91歳で亡くなった

彼女は、新聞・報道業界におけるガラスの天井を打ち破るとともに、同社の賃金・昇進をめぐるジェンダー格差是正にも貢献した。

彼女が辿った道のり、そして私たちに残したものとは——。

ジェンダーの壁に阻まれたキャリア

ウェイド氏は、1929年7月にニューヨークで生まれた。13歳の頃からジャーナリストを志し、中学・高校では校内新聞の編集に携わる。その後、コロンビア大学でジャーナリズムの修士号を取得。「クラスメイト65人のうち、女性は10人だった」と振り返っている。

1952年にはNew York Herald Tribune 紙に就職。割り当てられた仕事は「女性ページ」のレポーターだった。「女性ページ」とは、かつて米国の新聞に存在した“女性向け”セクションだ。ファッションや料理、ライフスタイルなどを取り上げるもので、多くの新聞社において「本当のニュース」とは捉えられていなかった

入社した年の暮れ、ウェイド氏は妊娠を理由として同紙を解雇される。 ウェイド氏は「会社は産休を認めたくなかったし、私が最も経験が浅く、出世から遠い社員だったからだろう」と語っている。

出産後、1956年にThe New York Times 紙に就職。New York Herald Tribune 紙と同様に「女性ページ」でコピーエディター(記者が執筆した記事の編集や見出しづけを行う仕事)を務めた。「女性ページ」を担当する社員のオフィスは9階にあり、下の階から男性記者が訪れる機会はほとんどなかったいう

「NYT初の女性コピーエディター」へ

しかし、ウェイド氏は持ち前の能力で、ガラスの壁(ジェンダーをもとにした職種・役職の制限)と、ガラスの天井を打ち破っていく。

1958年には、推敲や校正・校閲力の高さが認められ、The New York Times 紙で女性として初めて、「女性ページ」以外のコピーエディター(記者が執筆した記事を編集する仕事)に就任。その後も、海外セクションのコピーデスクでエディターや副チーフ、チーフを歴任した。いずれも女性初の快挙だった。

社内のジェンダー格差是正へ

1970年代には社内のジェンダー格差是正にも積極的に取り組んでいる。1972年には社内の女性とともに女性集会を組織して、ジェンダー問題について学び、議論を深めた

1974年には、同紙における男女の雇用・昇進・賃金格差是正を求める集団訴訟を起こす。ウェイド氏の他、かつて同社の9階で働いていた6名の女性社員が参加した。

結果的に、この訴訟はThe New York Times 紙側が「女性従業員の雇用増」や「昇進・機会損失への賠償」を約束する形で決着した。賃金アップは認められなかったが、新聞・報道業界におけるジェンダー格差是正への闘いの先駆けとなった。その後、ウェイド氏は国内ニュースのコピーデスクでリーダー職を務め、1978年にはニューヨークに拠点を置く報道機関の同業者組合「NewsGuild of New York」で、女性初の会長も務めた。

1987年から、2001年の退職までは、旅行欄のコラムライターとして活躍している。

「Mrs.」と「Miss.」の時代から、「Ms.」の時代へ

ウェイド氏は、1986年にThe New York Times 紙で初めて、「Ms. 」を女性の敬称として用いたエディターでもある。

続きを読む

この続き: 1,653文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

SNSでおすすめする
著者
inquire所属の編集者・ライター。主にビジネス・テック領域のウェブメディアで編集や執筆に携わる。関心はメディアとジャーナリズム。趣味はTBSラジオとハロプロ。https://twitter.com/m___hal
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

1月21日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、最近ダイエットをしている編集長の石田です。ちょっと痩せてきた気がしますが、引き続きやっていきます。では、今日もやっていきます〜!1. 河井案里参院議員に有罪判決 東京地裁 確定すれば当選無···

1月20日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、編集長の石田です。今日もやっていきます〜!1. Biden Inaugurated as the 46th President Amid a Cascade of Crises(The N···

電気代、10倍のリスクも。なぜ電気が不足、料金が高騰しているのか?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

年明けから全国的な電力需要の逼迫が生じており、危機感が強まっている。東京電力ホールディングス株式会社らが、今月10日と12日の2回に渡って照明や電気機器の使用を控えるなど「電気の効率的な使用」を求めた···

なぜコロナ禍以降、アジアへの差別が強まっているのか?「中国ウイルス」から黄禍論

有料記事 / 社会問題・人権・環境

コロナ禍に見舞われた2020年から2021年、あるゲームが物議を醸している。『サイバーパンク2077』は、キアヌ・リーヴスが登場キャラとして参加するなど、600億ドルを超えるゲーム市場に向けた期待の新···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···