スポンジ都市とはなにか?

公開日 2021年11月30日 16:25,

更新日 2021年11月30日 16:25,

有料記事 / 社会問題・人権・環境

今年7月、中国の鄭州市で292人が犠牲となる大規模な洪水が起こった。この洪水の原因となった雨は、わずか3日で約1年分の降水量が観測された記録的な豪雨とされている。

しかし鄭州市では、中国で増加する洪水の対策として「スポンジ都市」が建設されていた。今回の記録的な豪雨は、このシステムをも凌駕する規模であったとされている

鄭州市をはじめとした中国30の都市で採用されているスポンジ都市とはどのようなものだろうか?そしてなぜ、鄭州市の洪水災害は防ぐことができなかったのだろうか?

スポンジ都市とは

スポンジ都市は、北京大学教授の兪孔堅(ユー・コンジエン)氏によって開発された、自然の力を利用する洪水防止システムである。2015年から導入され始めたこのシステムは「洪水は恐れるものではなく受け入れるもの」という兪氏のコンセプトのもと、自然の力で雨を吸収し、地表への流出を防ぐ方法を取っている

このシステムでは、以下の3つの方法が取られている

続きを読む

この続き: 1,813文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
リサーチャー
The HEADLINEリサーチャー。立教大学文学部文学科文芸思想専修所属。関心領域は文学、西洋哲学、人権・LGBTQ問題など。
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事