話題のAIチャット・ChatGPT は、Google の脅威となるのか?

公開日 2023年01月09日 14:37,

更新日 2023年01月09日 15:22,

有料記事 / スタートアップ / ビッグテック

この記事のまとめ
⏩ ChatGPTの利用が急拡大する一方、Googleは深刻な脅威として認識(Googleの広告モデルに悪影響を及ぼす可能性)
⏩ 回答の正確性やリアルタイム情報の取得に課題も
⏩ Microsoftは検索エンジン「Bing」にChatGPTを導入、Googleは大規模言語学習で検索機能を強化する方針

自然言語学習モデルを開発する企業のOpenAIが、AIチャットボットのChatGPTを公開した。公開開始以来、高精度な文章生成能力からユーザー数を5日間で100万人以上に伸ばしている。

ChatGPTは自然な文章を生成できるほか、料理のレシピからプログラムコードまで幅広く対応している。その性能の高さは、学習における不正行為への懸念を生じさせ、米・ニューヨークの教育機関ではChatGPTへのアクセスを禁止したと報じられた

さらにChatGPTは、Google検索に代替されるのではないかとの議論がある。同社はChatGPTの台頭を深刻な脅威と捉えており、社内のグループの再編成やAIの新製品開発を急いでいる

では、ChatGPTとはどのような技術で、Google検索を凌駕する可能性を秘めているのだろうか?

ChatGPTとは何か

ChatGPTとはどのようなサービスなのだろうか。その概要を詳しく見ていこう。

対話式のAI

ChatGPTは、AI研究企業のOpenAIによって開発された言語処理モデルおよびそれを用いたAIチャットボットだ。以下のように、チャット形式のUIに対して、質問や会話を打ち込むと、AIがそれに対する適切な回答を行うような仕組みとなっている。

同サービスは、人間のフィードバックに基づく強化学習の手法「Reinforcement Learning from Human Feedback (RLHF)」を用いており、ヘイトや暴力的表現を排除した自然な文章を生成することができる。ChatGPTは現在、無料で提供されている。

続きを読む

この続き: 4,017文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
リサーチャー
東京理科大学理学部物理学科卒業。関心領域は、量子技術全般・スタートアップ・テック産業・人材育成など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事