Rampion Offshore Wind Farm, United Kingdom(Nicholas Doherty, Unsplash) , Illustration by The HEADLINE

世界のESG投資額、初の減少 = なぜ ESG 投資が岐路に?

公開日 2023年12月13日 17:58,

更新日 2023年12月13日 18:02,

有料記事 / 環境 / ビジネス

この記事のまとめ
💡世界の ESG 投資総額が初めて減少、米国では2年前と比べて半減

⏩ 背景には、当局のグリーンウォッシュ規制強化や共和党などからの猛反発
⏩ 一方、日本や欧州ではESG投資額が増加傾向

ESG 投資が、大きな岐路に立っている。

世界持続的投資連合(Global Sustainable Investment Alliance:GSIA)が2023年11月29日に発表した報告書によると、2022年の世界のESG投資額は30.3兆ドル(約4,460兆円)となり、調査開始以来、初めてのマイナス成長となった(*1)

主要国・地域におけるESG投資額の推移(GSIA資料より筆者作成)
主要国・地域におけるESG投資額の推移(GSIA資料より筆者作成)

各国・地域の ESG 投資額の推移で際立つのは、米国での“急ブレーキ”だ。2020年には17兆ドル(約2,480兆円)以上の規模に膨らんでいた米国での ESG 投資額は、8兆4,000億ドル(約1,428兆円)と半減した。2020年時点で米国の ESG 投資額は世界全体の半分以上を占めていたため、米国での半減が世界全体での投資額にも大きな影響を与える結果となった。

もっとも、こうした米国における数字の減退の背景には、調査手法を変更したことが大きく影響している。後述のように、米国では実態に即していない ESG 投資をグリーンウォッシュとして厳しく批判する潮流が加速しており、今回の調査でもグリーンウォッシュのおそれがある ESG ファンドは、カウントの対象から除外されている。

しかし、米国における ESG 投資の減退は、実態としても広く確認されている。ブラックロックや、ステート・ストリートなどの大手資産運用会社は相次いで ESG ファンドの閉鎖を発表しており、2023年に閉鎖された「サステナブルファンド」の数は史上最高を記録している。

では、一体なぜ世界最大のESG投資額を誇っていた米国で、このような事態が起きているのか。

(*1)GSIAの報告書は2年に1度の公表で、前回調査は2020年。

なぜ米国でESG投資が減退しているのか

米国におけるESG投資の急速な減退の背景にあると考えられているのが、(1)当局によるグリーンウォッシュ規制の強化、(2)ESG投資への政治的反発、(3)環境銘柄の株価低迷だ。

1. 当局によるグリーンウォッシュ規制

続きを読む

この続き: 2,731文字 / 画像1枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
北海道大学大学院農学院所属。専門は農業政策の歴史・決定過程。関心領域は食料・農業政策、環境政策など。一橋大学法学部卒。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

ニュースレターを受け取る