環境に関するその他の記事


💡 最新のニュース解説

💡 ニュース解説

なぜ神宮外苑の再開発は、批判されているのか?

有料記事 / 社会

前編記事では、各方面から批判が寄せられている神宮外苑の再開発について、計画の概要と発案された経緯を整理した。https://www.theheadline.jp/articles/959今回の再開発は···

神宮外苑は、なぜ再開発されるのか?坂本龍一氏や村上春樹氏、桑田佳祐氏らが批判

無料記事 / 社会

「現在進められている神宮外苑地区再開発計画を中断し、計画を見直すべきです」2023年3月に71歳で死去した音楽家の坂本龍一氏は、生前、このようなメッセージを記した手紙を、小池百合子東京都知事らに送付し···

なぜ政府は「反対」を押し切り、処理水の海洋放出を決めたのか?

有料記事 / 政治

東京電力は8月24日13時ごろ、福島第一原子力発電所に保管していた処理水の海洋放出を開始した。今回、海に放出されるのは、多核種除去設備(通称:ALPS)によって、高濃度の放射性物質を含む汚染水からトリ···

絵画作品にトマトスープをぶちまけることは非難されるべきか?

有料記事 / 社会

2023年6月14日(現地時間)、スウェーデンの国立美術館で、環境活動家2名(*1)がモネの絵画《ジヴェルニーの芸術家の庭》に手で赤い塗料をつけ、その手を絵(の保護ガラス)にはりつけた。こうした事件が···

政府、花粉症対策を本格化へ = なぜ今?今後の見通しは?

有料記事 / 社会

政府が、花粉症対策のギアを急速に高めている。4月14日、政府は「花粉症に関する関係閣僚会合」を設置した。岸田首相は花粉症について「我が国の社会問題」と指摘し、30年後の花粉発生量の半減を目指す政府対策···

なぜ北海道でヒグマ被害が拡大しているのか?政策転換、農業の変化、法規制の影響も

有料記事 / 社会

北海道でヒグマによる被害が拡大している。5月14日には、道北部・幌加内町の朱鞠内湖で、釣りをしていた男性がヒグマに襲われ死亡した。家畜が襲われるケースも頻発している。道東部の標茶町や厚岸町では、201···

アメリカで「チェルノブイリの再来」が懸念? = 有害物質を積んだ貨物列車が脱線、政治対立へ

有料記事 / 国際

「#OhioChernobyl」(オハイオ・チェルノブイリ)、こうした投稿が一部のSNSで拡散されている。きっかけとなったのは、2月3日に米・オハイオ州で発生した大規模な列車脱線事故だ。この事故では、···

インパクト投資とは何か?ユニコーンも生まれ、市場規模は急拡大

有料記事 / 社会問題・人権

インパクト投資という言葉を耳にする機会が多くなってきた。金融業界ではすでに、環境・社会・ガバナンスへの配慮を重視する、ESG投資の存在感が高まっている。インパクト投資もESG投資の一部ではあるものの、···

フォアグラは、なぜ批判されているのか = 今後、食べられない可能性も?

有料記事 / 社会

高級食材として知られるフォアグラが、徐々に「禁忌食」となりつつある。2019年には米・ニューヨーク市議会でレストラン等でのフォアグラの販売を禁止する条例が可決され、英国でもフォアグラの輸入を禁じる法案···

鳥インフルエンザが過去最悪の流行に = 食料価格やヒト感染への影響は?

有料記事 / 社会

鳥インフルエンザの流行が、過去最悪となっている。1月10日現在、昨年10月からの発生確認件数は23道県で累計56に上り、殺処分対象は約998万羽となった。養鶏場などで鳥インフルエンザの発生が確認される···

なぜ企業にとって生物多様性が重要な課題となるのか?

有料記事 / 環境

企業による生物多様性への配慮が、重要な課題となりつつある。近年、気候変動への影響に関する情報開示が企業の間で広がっているが、同様の取り組みが生物多様性の分野でも求められる可能性が高まっているのだ。その···

培養肉とは何か?課題と今後の展望は

有料記事 / 環境

近く「培養肉」がレストランなどで食べられる日がやってくるかもしれない。培養肉とは、細胞培養によって作られる牛肉などの代替肉の1種で、現在世界各地で研究開発が行われている。これまで培養肉はコストや安全性···

エシカル消費とは何か?

有料記事 / 社会

「エシカル〇〇」という言葉を街中やネット上で見かけることが多くなった。エシカルファッションやエシカル就活。最近では大手コンビニのセブンイレブンが「エシカルプロジェクト」と名づけたキャンペーンを全国で展···

ウナギは食べてもいいのか?どう食べるべきなのか?「土用の丑の日」の影響も

有料記事 / 社会

今年も、土用の丑の日(7月23日)が近づいている。そして、土用の丑の日と言えば、やはりウナギだ。今年も多くのスーパーや外食チェーンで、多くの人がウナギを買い求めることだろう。しかし、近年ウナギは絶滅が···

なぜフランスで服廃棄が禁止されたのか?ファッション業界の抱える問題とは

有料記事 / 社会

パリでは2月28日から3月8日まで、2022秋冬シーズンのファッション・ウィーク(レディース)が行われた。100弱のブランドがショーをおこない、新作コレクションを発表した。毎年恒例の煌びやかなイベント···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
編集長 / 早稲田大学招聘講師
シニアリサーチャー
リサーチャー
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま