英国規制当局、Microsoft とアクティビジョン・ブリザードの合併を承認 = 世界最大規模のゲーム企業へ

公開日 2023年10月13日 15:29,

更新日 2023年10月13日 16:36

Microsoft が、Call of Duty などの人気タイトルを抱えるゲームソフトウェア開発会社 Activision Blizzard(以下、Activision)を687億ドル(約10兆円)で買収する。10月13日、英国の競争・市場庁(CMA)により承認された。

買収は Microsoft が2022年1月に発表したもので、ゲーム業界にとって過去最大の M&A と見込まれていた

▼関連記事
なぜゲーム会社の買収が相次いでいるのか?Microsoft、Activision Blizzardを巨額買収

しかし買収計画は壁にぶつかった。2022年12月、米・連邦取引委員会(FTC)から反トラスト法違反での疑いで提訴され、2023年4月には、英国におけるゲーム市場のイノベーションを妨げ、「ゲーマーたちの選択肢を減少させる」として、CMA から買収提案を阻止されていた。

Microsoft は当局の承認を得るため、契約を再構築した。具体的には、Microsoft が Activision のクラウドゲームの権利をフランスのゲーム大手 Ubisoft に売却するという、暫定的な決定を下したのだ。CMA は、Microsoft の譲歩を「成長するクラウドゲーム市場で競争を促進するゲームチェンジャー」とし、計画にゴーサインを出した。

今回の決定により、各国の規制当局から承認を得た形となり、世界最大規模のゲーム企業が誕生する。

▼関連記事
Microsoft によるゲーム開発会社 Activision の巨額買収、なぜ阻止?

Thumbnail : Surface laptops on a table, Surface, Unsplash

この記事に登場するキーワード

Microsoft

Microsoft(マイクロソフト)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置くソフトウェア開発・販売会社で、1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。主な製品にはパソコン用 OS のWindows、オフィスソフトの Microsoft Office、ウェブブラウザの Internet Explorer、家庭用ゲーム機のXbox、検索エンジンの Bing、クラウドサービスの Azure などがある。2023年09月時点での時価総額は、Apple に次いで世界2位である。

近年は、Open AI への巨額出資などにより AI 分野への投資を加速させている他、核融合など新たなテクノロジーにも注力している。

▼ 関連記事
なぜ Microsoft は、AI 競争で優位な位置にいると見られているのか?

▼ 関連記事
なぜ、Microsoft は核融合発電に賭けているのか?AI に続いて熱視線、新興企業 Helion と商業契約

Activision Blizzard

Activision Blizzard(アクティビジョン・ブリザード)は、アメリカのカリフォルニア州サンタモニカに本社を置くゲームソフトウェア開発会社。前身の Activision は2003年、現在まで続く大ヒットゲーム Call of Duty を発売している。2008年に Activision とフランスの Vivendi Games が合併して設立され、当時ゲームソフト業界で首位に躍り出ると、2011年、フィギュア連動ゲーム『スカイランダーズシリーズ』の展開を始め、大きな成功を収めた。2013年には親会社の Vivendi から独立している。

2021年、女性従業員への性的ハラスメントや、待遇の不平等が明るみになり訴訟に発展する。こうした問題を受け、Activision 側から提案する形で、2022年に Microsoft による買収が発表された。

🎀 おすすめの記事

政治倫理審査会とは何か?岸田首相も出席、裏金疑惑を完全公開の場で説明へ

有料記事 / 政治

2月28日、岸田文雄首相は、自民党の派閥をめぐる裏金問題について、政治倫理審査会(政倫審)に出席し自ら説明責任を果たすと述べた。https://www.theheadline.jp/articles/···

宇宙や製造、国防のハードテックにルネサンス?Y Combinator や a16z が熱視線

有料記事 / テクノロジー

大手スタートアップアクセラレータ・Y Combinator(YC)は2月14日(現地時間)、資金を提供したいと考えている領域のリストを公表した。リストでは、AI や医療技術、気候変動対策のテクノロジー···

「誰を傷つける表現はダメ」がダメ - イシケンの部屋

有料記事 / オピニオン・お知らせ

フェミニズムは、優れた問題提起をおこなうものの、解決策がイマイチという話はあると思っている。まあ一括りにフェミニズムと言ってしまうのは、とても雑なのだが。というのも、···

EUの人権・環境デューディリ規制に注目 = 日本企業800社にも影響か

有料記事 / ビジネス

EUの人権・環境デューディリジェンス規制が、日本企業にも大きな影響を与えようとしている。デューディリジェンス(Due diligence)とは本来、「自分自身の財産などを守るためにとるべき合理的な行動···

サム・アルトマン、AI インフラ計画で1,000兆円超えの調達報道 = OpenAI 超える野望の理由は?

有料記事 / テクノロジー

2024年2月8日、Wall Street Journal 紙は、OpenAI のサム・アルトマンCEO が最大で7兆ドル(約1,050兆円)規模の超大型資金調達を計画していると報じた。ただ、テック専···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ

🗞 最新のニュース

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

メンバーシップで支援する

The HEADLINE は、有料メンバーシップの皆様からの支援で成り立っています。いますぐ無料トライアル(10日間、その後月額980円)に参加して、500本以上の解説記事をご覧ください。