なぜ中国・恒大集団に世界中が注目しているのか?

公開日 2021年09月21日 23:27,

更新日 2021年09月22日 09:53,

有料記事 / ビジネス・経済

20日、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が一時900ドル以上の下落をみせた。背景には、中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)の資金繰りについて懸念の高まりがあり、連鎖した同国の金融不安などを懸念して世界中でリスク回避の動きが進んでいる。

恒大集団とはどのような企業であり、なぜ僅か1社の動向に世界中が注目を集めているのだろうか?簡単にポイントを整理していこう。

恒大集団とは

恒大集団は、中国・広東省の深圳市を本社とする不動産開発大手だ。創業者の許家印(シュー・ジアイン)は、Alibabaのジャック・マーとTencentのポニー・マーに次ぐ富豪として知られており、中国サッカーの名門クラブ・広州足球倶楽部(以前の広州恒大淘宝足球倶楽部、恒大とAlibabaがオーナーであることに由来する名前)のオーナー企業としても知られている。

1996年、広東省の広州市で設立された恒大は「金碧花園」と呼ばれる集合住宅で一躍注目を集めて、急成長を遂げる。90年代、改革開放以降に加速した経済成長の波に乗ることで、恒大は2009年に香港市場でIPOを果たした

その後、前述したサッカークラブを2010年に買収したことを皮切りに、電気自動車(中国恒大新能源汽車集団)やミネラルウォーター(恒大冰泉)、音楽制作(恒大音楽)など事業を多角化していく。拡大路線が続いていたが、実は2020年9月時点で債務不履行の可能性が報道されていた。結局この危機は、投資家と債務返済期限の撤廃に合意したことで回避されたが、同社のリスクは残されたままだった。

この時も恒大は、クロス・デフォルト(1つの債務でデフォルトが生じた時、他の全ての債務についてもデフォルトとみなされること)を警告しつつ、地方政府や他の巨大企業に救済を求めたが、今回もほぼ似たような出来事が起きているのだ。

なぜ危機に?

続きを読む

この続き: 2,485文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。日テレ系『スッキリ』月曜日コメンテーターの他、Abema TV『ABEMAヒルズ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。わかりやすいニュース解説者として好評。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事