なぜNIKEはバーチャルアイテムの商標を申請したのか?

公開日 2021年11月04日 16:05,

更新日 2021年11月10日 11:47,

有料記事 / テクノロジー


今月2日、大手スポーツブランドNIKEが、バーチャルアイテムの商標を申請した

米国特許商標庁(USPTO)の記録によれば、申請は10月27日から28日にかけておこなわれており、「NIKE」「JUST DO IT」という文字列や、同ブランドを象徴するスウッシュジャンプマンエアジョーダンなど、計7種類の申請書が提出されている。

また、申請理由には「ダウンロード可能な仮想商品、すなわち、オンラインおよびオンライン仮想世界で使用する」ことを目的としていると記載されており、同社がメタバース市場へ参入する可能性報じられた

本稿では、NIKEがバーチャルアイテムの商標を申請した目的と背景を探りながら、メタバースとファッションの今後を追っていこう。

NIKEがメタバースに参入?

今回のNIKE社の商標申請は、同社のロゴを刻印したバーチャルアイテムの利用を制限し、現実世界と同様に、仮想世界においても同社の権利とブランドを明示的に保護することを意図したものだ。

これにより、近年勃興を見せるメタバースの時代においても、ゲーム内などでアバターが着用する衣服などにNIKEのコピー商品が出現することを防げるようになる。同時に注目されているのが、NIKEがデジタル世界においてもバーチャルブランドのスニーカーやアパレルを製造・販売する可能性だ。CNBCによれば、その見込みは次の2つの理由により蓋然性が高い。

続きを読む

この続き: 1,540文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
レポーター
早稲田大学政治経済学部卒業後、株式会社マイナースタジオの立ち上げに参画後、同社を売却。その後、The HEADLINEの立ち上げに従事。関心領域は、政治思想や東南アジアの政治経済など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事